債務整理とは?あなたの借金問題を解決する3つの方法

債務整理とは、いまある借金を減額したり、あるいは免除してもらう手続きのことをいいます。

債務整理の手続きは複雑ですので、弁護士または司法書士に依頼して、代わりに手続きしてもらうのが一般的です。

債務整理は、おもに以下の3つの手続きが利用されています。

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産

3つの手続きは、それぞれ減額効果に違いがあり、利用できる人とできない人があります。以下、それぞれの手続きについて紹介します。

1.任意整理

任意整理は、裁判所を介さずに弁護士または司法書士が借入先と交渉することで借金を減額してもらう手続きです。

おもに、利息の免除や返済期間の延長により、返済しやすくすることが特徴となります。また、弁護士・司法書士費用がおさえられるのもメリットです。

ただ、ブラックリストに載ることは個人再生や自己破産と同じです。任意整理の手続き後、5年程度は新たな借入が制限されます。住宅ローンやカーローンに利用ができなくなるため、不便に感じる一面もあるでしょう。

また、任意整理は裁判所を通しませんので、家族に内緒で借金整理したい方に最適です。理由としては、任意整理後の借入先からの連絡は、すべて弁護士・司法書士事務所に入るためです。(貸金業法より)

また、家族に関する書類を用意する必要がないことも、バレない理由の一つといえます。

減額後は原則3年で返済する必要があります。そのため、月々いくらまでなら返済できるのかによって、任意整理が可能であるか判断されます。

「借りたお金は返す」というのが原則です。まずは任意整理から検討してみましょう。

任意整理のメリット・デメリットについて詳しくはこちら

2.個人再生

個人再生は、借金を大幅に圧縮できるのが特徴です。

借金の総額が5,000万円以下であれば、最大5分の1にまで減額することができ、会社員や自営業者の方でも利用できます。定期的な収入が得られることが条件ですので、主婦やアルバイトなど収入が安定していない人は利用できません。

また、「家を残せる」ということも特徴です。住宅ローンの支払い中であり、借金を圧縮して支払っていける人が対象となります。

一方、弁護士・司法書士に依頼した場合の費用は高額な場合が多いです。裁判所での手続きも複雑であるため、利用する方は全体の10%程度にとどまっています。

「再生計画案」が承認されなければ減額されないため、債務整理の経験が豊富な事務所に依頼すべきです。また、依頼するにあたっては面談が必須ですので、事務所か近くにあるか、出張面談をおこなっていることが選択基準となります。

個人再生のメリット・デメリットについて詳しくはこちら

3.自己破産

自己破産は、ご存じのように借金返済が免除される手続きです。

借入金額に対して収入が少ないなど、返済の見通しが立たない人に最適な手続きといえます。

免責が認められれば借金がゼロになりますが、一方で、自分の財産のうち資産価値があるものについては、換価して返済にあてなければいけません。具体的には、「家」や「車」など資産価値が高いものについては没収される可能性があります。

しかし、借金返済のストレスから解放されるため、利用される方は任意整理に次いで多いです。

自己破産後に入ってくる収入については没収対象ではありませんので、生活を立て直す手段としては強力な制度といえます。

任意整理・個人再生と同様で、ブラックリストに登録されます。自己破産の場合は最長で10年間は新たな借入ができなくなりますので、慎重な判断が必要です。

個人再生と同じように複雑ですので、弁護士・司法書士に依頼して手続きしてもらうのが一般的です。費用については、個人再生に次いで高額である事務所が多いようです。

自己破産のメリット・デメリットについて詳しくはこちら

まとめ

借金問題は、一人で悩んでいても解決しません。「返済するために借入をおこなう」という、いわゆる多重債務におちいると、利息の支払いだけで精一杯になってしまうからです。

借金返済が苦しいと感じたら、なるべく早く専門家(弁護士・司法書士)に相談しましょう。

お金に関する悩みは、一番身近な家族にさえ相談しづらいものです。ひとりで悩み続けると、心も身体もボロボロになってしまいます。

私は、数年前に自己破産しています。毎月10万円以上の返済は本当に苦しくて、一時は鬱状態にもおちいりました。

しかし、ワラにもすがる思いで弁護士事務所で相談して、生活を完全に立て直すことができました。

あなたもきっと、私と同じように今の苦しみから脱することができます。「債務整理」と聞くと抵抗があるかもしれませんが、国が定めた制度であり、これほど安心かつ確実に借金を減らせる方法はありません。

若い人であれば、これからの未来のために。ご年配の方であっても、穏やかな老後を迎えるために「借金問題」は必ず解決すべきです。

参考までに、債務整理に強いと評判の事務所をご紹介します。どの事務所も信頼度が高く、実績も豊富ですので安心して相談できるでしょう。