借金相談ランキング|債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所の選び方

借金が思った以上にふくらんでしまい、返済できなくなり困っていませんか?

借金の悩みは、「債務整理」することで解決できます。

なぜなら、私自信、債務整理することで借金生活から抜け出し、以前のように穏やかな生活を取り戻すことができたからです。

債務整理は、借金に悩む方の生活を立て直すために「国」がつくった法律上の手続きです。

債務整理をすることで、借金返済のための労働から抜け出せます。生活に余裕が生まれますので、大切な家族のために使ったり、将来の夢に備えたりすることもできるでしょう。

この記事では、債務整理についての不安が解決できるように、複雑な仕組みをわかりやすく解説しております。

この記事を読んだあなたの生活が安定し、以前のように「笑顔で過ごせる毎日」が取り戻せるように、精一杯お手伝いさせて頂きます。

債務整理とは

債務整理とは、借金が返済できない状況になったときに、返済を減額または免責してもらうための規定です。

債務整理には、大きく分けて3つの手続きがあります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

以下、それぞれの手続きについて解説します。

任意整理とは

任意整理は、裁判所を介さずに借入先とお金を借りた側が返済条件について話し合う手続きです。

借入先が複数社ある場合には、任意整理の対象を選ぶことができますので、保証人付きの借入(奨学金など)を任意整理の対象から外せば、保証人に迷惑をかけずに済みます。

多くの場合、利息の支払いを免除してもらったり、返済期間を延長してもらうことで返済可能な条件で合意します。

任意整理の手続きは、法律の知識だけでなく、借入先との交渉力などが必要です。そのため、弁護士や司法書士に依頼して、代わりに手続きをおこなってもらいます。

費用は一社につき5万円前後が相場であり、債務整理のなかではもっとも安価な手続きです。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、裁判所での手続きが不要ですので、短期間で手続きを終えることができます。具体的には、3ヶ月から半年で借金が圧縮され、借入先への返済がはじまります。

減額後の借金は、原則3年をかけて返済することになるため、借金が少ない方に最適な手続きです。

借入総額毎月の返済額備考
100万円28,000円弱利息は含まない
200万円56,000円弱
300万円84,000円弱
※任意整理後の分割払い例(36回)
※上記は、減額後の金額として計算しております。

また、手続きにかかる費用が安いこともメリットといえるでしょう。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、借金は減額されるものの返済は免除されないという点です。減額の対象も将来利息(完済するまでにかかる利息)の支払いがカットされる程度ですので、減額の効果は大きくありません。

もちろん、借金は返済することが筋ですから、きちんと返済を考えているかたにとっては、少しでも減額されるためおすすめの手続きではあります。

また、任意整理は裁判所の手続きはないものの、「ブラックリスト」に登録されてしまうため、5年程度は新たな借入ができません。たとえば、住宅ローンやカーローンが組めませんので、購入の予定があれば手続きするタイミングは慎重におこなう必要があります。

個人再生とは

個人再生は、任意整理と自己破産の中間的な効果をもつ手続きといえます。借入金額が大きく、また住宅ローンを支払っている場合に有効な手続きです。

手続きは裁判所を介しておこなうため、国が発行する「官報」に名前や住所が掲載されることになります。もちろん、ブラックリストにも登録されるため、新たな借入は制限されてしまいます。

任意整理より減額幅が大きいため、借金を大幅に圧縮したい場合に有効です。減額後の借金は、3年または5年かけて返済することになります。

個人再生のメリット

個人再生のメリットとして一番大きいことは、「家を売らずに借金整理できる」という点です。住宅ローンの返済を個人再生手続きの対象から外すことにより、家を売らずに住み続けることができます。

また、借金の圧縮幅も大きいため多額の借金と住宅ローンを返済中の方にメリットが大きい手続きといえます。

借入金額個人再生後の金額
100万円未満その金額を返済する
100万円以上500万円未満100万円
500万円以上1,500万円未満借金総額の5分の1
1,500万円以上3,000万円未満300万円
3,000万円以上5,000万円未満借金額の10分の1

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットは、手続きが複雑であることと費用が高額であるという点です。

個人再生の手続きは裁判所を介するため、代理人として手続きできる弁護士に依頼することをおすすめします。(司法書士は裁判所での手続きでは代理人になれません)

手続きはかなり複雑であるため、弁護士に代理してもらい、手続きにかかる負担を抑えることをおすすめします。

対象書類書類名
申立書住民票・戸籍謄本
収入一覧表確定申告書または源泉徴収票
債権者一覧表請求書・契約関係書類
主要財産一覧表預金通帳・株券・保険証券など
債権者への通知用発送用の切手代等

費用は債務整理のなかでは高額である場合が多く、25万円から50万円以上となるなど、弁護士事務所によって幅があります。

自己破産とは

自己破産は、自分の財産と引換に借金の返済を免除してもらう手続きです。借入金額の大小に関わらず免責されるため、どうしても返済できない場合に有効な手続きです。

自己破産のメリット

自己破産の一番大きなメリットは、借金がすべて免除される可能性があるという点です。誰でも免除されるわけではなく、裁判所で認められて初めて返済する必要がなくなります。

借金で首が回らない方や、収入が減って返済の見込みが立たない方は検討してみると良いでしょう。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットとしては、自分の財産を失う可能性があるという点です。家や車など高額な財産を没収される可能性がありますので、リスクは決して小さくありません。

また、自己破産も裁判所を介する手続きですので、「官報」に住所・名前が掲載されます。

自己破産は、弁護士に代理人となって手続きしてもらうことをおすすめします。手続きはとても複雑であり、法律の知識だけでなく豊富な経験が必要だからです。

また、ブラックリストには10年程度は名前が残りますので、長期に渡って借り入れが制限されてしまいます。借入しなければいけないような予定があれば、任意整理など別の方法で返済していくことも考えなければいけません。

わたし
債務整理の種類については分かりましたが、実際、どこの事務所に相談すればよいか迷います。
先生
債務整理の相談は、実績があり、借金整理を得意とする事務所に相談するのがおすすめです。

手続きがスムーズですから、短期間で生活を立て直す準備ができるからです。

わたし
ありがとうございます!

債務整理の相談先を選ぶ基準について、詳しく教えてください。

債務整理についての相談は「経験豊富で実績のある事務所」を選ぶのが基本です。

「債務整理するかはわからないけど、とりあえず相談してみたい」という方にも、実績豊富な事務所に相談することをおすすめします。

相談してみた結果、債務整理した方が断然ラクに返済できることに気づく場合も多いからです。

ここからは、債務整理の相談先を選ぶ方法と筆者おすすめの弁護士事務所を3社ご紹介します。どの事務所も債務整理の経験が豊富ですので安心して相談できます。

相談先を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所の選び方

債務整理の相談をする際は、下記のポイントに注意してください。

費用が安いに越したことはありませんが、第一条件ではありません。手続きが終了してから追加で請求される可能性もあります。安さをウリにした事務所だけは避けましょう。

債務整理に強いこと

債務整理の手続きは非常に複雑ですから、その道のプロに頼むのは当然です。なかでも、債務整理の業務に精通している事務所を選ぶことは必須です。

決して「自分一人で解決しよう!」などとは考えないでください。

債務整理の手続きは、時間との勝負です。強行な態度の借入先との交渉。膨大な書類作成・裁判所への出頭など、考えただけでめまいがするようなことばかりです。

書類作成に不備があれば、それだけで手続きが遅れてしまいます。グズグズしている間に、借入先から裁判をおこされることだってあるのです。

わたし
そうかぁ……。

お金がないから自分で手続きしようと思ったけど、やっぱり難しいんですね……。

先生
弁護士や司法書士に依頼すれば、もちろんお金がかかります。

でも、債務整理は専門的な知識が必要ですし、平日や夜間でも対応してもらえるため、依頼するメリットは大きいと思いますよ!

また、弁護士・司法書士のなかには債務整理が得意ではない人もいますので注意が必要です。

わたし
どこの事務所に頼んでも同じというわけじゃないんですね……。

債務整理が得意な事務所であるかを調べるには、テレビやインターネットの広告に力を入れている事務所に相談するとよいです。

広告にお金をかけるということは、債務整理について一定以上の自信があり、経験・実績も豊富であると判断できるからです。

債務整理は借入先との交渉など、現場に慣れていなければスムーズな解決は期待できません。知名度の高い事務所を選ぶということは、債務整理を成功させるには不可欠だといえるでしよう。

弁護士・司法書士との面談が可能であること

日本弁護士会の規定では、依頼者との面談が義務付けられています。司法書士連合会でも同様の規定はありますが、実際には電話やメール・郵送で代用されていることも多いです。

ただ、相談する側からすれば直接会って話したほうが詳しい話しができるから安心ですよね?

ただ、あまり家から近い事務所はNGです。事務所に出入りしていることを、知り合いに見られる可能性が高いからです。おすすめは、通勤途中のエリアに事務所があればベストです。

ただ、地方に住んでいると弁護士・司法書士事務所が近くにないことも珍しくありません。そのため、全国で出張面談をおこなっている事務所もありますので、相談してみると手続きが早く進められます。

私は、仕事が営業職でした。平日の昼間は比較的動きやすかったので、仕事中に事務所に行くことも可能でした。

先生と顔を見ながら話すことで、不安な気持ちが日に日に解消していったことを思い出します。

メールや電話で相談することも可能ですが、できれば面談できる事務所を選んだり、出張面談に対応している事務所を選ぶと安心です。

悩みに寄り添ってもらえること

借金に悩んでいる人の心は、普通の精神状態とはいえません。借金取りが家や会社に来るのでは? という恐怖心や、将来への不安で押しつぶされそうな気持ちになるからですす。

私もそうでしたが、正直、「こんな人生なんて投げ出したほうがマシだ」なんて考えたりもしました。だから、借金で悩む人の気持ちが痛いほどよくわかるのです。

それだけ心が弱っているときですから、厳しい言葉で叱咤激励されるのは逆効果です。相談者の気持ちに寄り添い、一緒に支えてもらえるような事務所を選ばなければ心が折れてしまいます。

なかには、見積金額やスケジュールの話しだけを淡々と進めようとする事務所もありますが、そのような事務所はおすすめしません。

「相談者の立場に立つ」という基本的な姿勢がないからです。このような事務所に依頼すれば、高い報酬だけ取られて、不満を残す結果にもなりかねません。

人付き合いが上手な人は、まずは「自分の弱さ」をオープンにします。自分の弱さや欠点を自ら話すことで、相手に信頼してもらえるからです。

債務整理を相談する際にも、自分の弱さを正直に打ち明けましょう。その方が、先生もあなたを「助けたい」という気持ちが強くなるです。

また、相談者の都合に合わせてもらえるかどうかも重要なポイントです。なぜなら、昼間は仕事があるため事務所に出かけることなどできないからです。

相談者に優しい事務所なら、仕事が終わってからの時間や休日にわざわざ事務所に出かけてくれる先生もあります。(実際、私がお世話になった先生がそうでした)

債務整理の知識や経験も大切ですが、それ以上に「一緒に頑張ってもらえることが大切なのです。

あらためて、上記の条件にあった弁護士・司法書士事務所を3社ご紹介します。それぞれに特徴があり、対象となる方も違います。

かならず、あなたに最適な事務所が見つかりますので、じっくり比較してみてください。

任意整理におすすめの司法書士事務所3選

任意整理は司法書士に相談した方が良いと思います。費用も抑えられますし、任意整理の手続きを中心におこなっている事務所もあるからです。

借入金額が少ない方や、がんばって返済していきたいと考えている方には、司法書士事務所への相談がおすすめです。

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所は、大阪に拠点をおく司法書士事務所です。少人数の事務所であるため全国からの相談には対応していませんが、対応が親切でとても好感がもてる先生です。

また、相談者の気持ちを一番に考えて最適な手続きを一緒に考えてもらえたのが印象に残っています。事務所選びでもっとも大切なことは、先生と相談者との信頼関係なのです。

また、無料で利用できる「借金減額診断シミュレーター」はわかりやすいのでおすすめです。減額が可能であるかの判断がつかない場合には、いちど利用してみるのも良いでしょう。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所は、東京に拠点をおく司法書士事務所です。司法書士としてのキャリアは40年以上という、業界トップクラスの経験と実績があります。

さまざまな債務整理案件に対応しているため、相談される方の90%以上が満足されている好感度の高い事務所です。

借入金額が多く、個人再生や自己破産するしかないとお考えでも、任意整理で解決できた事例が多数ある実力派の先生です。

借入先からの督促に困っているという方は、いますぐにでも相談されると良いでしょう。必ず力になってもらえます。

司法書士法人杉山事務所

杉山事務所トップページ

杉山事務所トップページ

司法書士法人杉山事務所は、全国に7箇所の拠点をもつ業界最大手の司法書士事務所です。

過払い金返還請求の実績が豊富で、サラ金会社から恐れられている強硬派の司法書士事務所です。闇金まがいの金融会社にも強い姿勢で対応されますので、とても頼もしい先生です。

お近くの拠点からすぐに出張面談に来てもらえますので、まずは電話またはメールで相談してみると良いでしょう。借金の悩みから一日でも早く開放されて、以前のような平穏な生活を取り戻してください。

個人再生・自己破産におすすめの弁護士事務所3選

個人再生・自己破産の相談におすすめの弁護士事務所をご紹介します。

個人再生と自己破産については、弁護士事務所に相談するのがおすすめです。司法書士は借入額が一社あたり140万円以下の制限があるためです。

弁護士には代理範囲についての制限がありませんので、個人再生・自己破産の可能性がある方は、はじめから弁護士事務所に相談しましょう。

ひばり法律事務所【東京都墨田区】

ひばり法律事務所のトップページの画像

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所の特徴

  1. 25年の豊富な実績で安心
  2. 相談者満足度98%
  3. 費用の分割払いもOK
  4. 全国どこでも出張可能
  5. 相談は何度でも無料

ひばり法律事務所は、債務整理することで受ける「デメリット」についても、しっかりと説明する誠実な事務所です。債務整理のメリット・デメリットを理解したうえで手続きできるので安心です。

私も弁護士さんに債務整理して頂きましたが、先生との信頼関係が一番大切だと感じました。

こんな方におすすめ
  • 地方に住んでいて相談できる事務所がない
  • 評判の高い事務所に一任したい
  • 一刻も早く督促を止めたい
  • 二人三脚で解決を目指したい

「ひばり法律事務所」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

東京ロータス法律事務所 【東京都台東区】

東京ロータス法律事務所のトップページの画像

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の特徴

  1. 全国各地で定期的に相談会を実施
  2. 弁護士だから訴訟になっても安心
  3. 費用の分割払いもOK
  4. 全国どこでも無料相談OK
  5. 無料相談の受付は24時間・365日OK

東京ロータス法律事務所は、東京都台東区に事務所をおく人気の弁護士事務所です。

人気の理由は、相談者の気持ちに寄り添いながら、法律のプロとして債権者から良い条件を引き出す手腕を評価する声が多いです。また、弁護士事務所には珍しく相談費用が司法書士事務所並みに安価に設定されている点も人気の理由といえるでしょう。

こんな方におすすめ
  • 利息ばかり払っていて借金が減らない
  • 取引年月の長い借金がある/過去あった
  • 一刻も早く督促を止めたい
  • 自宅や車を手放さず、借金を清算したい

「東京ロータス法律事務所」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

【シン・イストワール法律事務所【東京都千代田区】

シン・イストワール法律事務所トップページの画像
シン・イストワール法律事務所の特徴

  1. 年中無休・土日・祝日も相談可能
  2. 最短即日で取立ストップ
  3. 借入先との高い交渉力
  4. 闇金対応可能
  5. 多重債務経験スタッフが優しく対応

シン・イストワール法律事務所は、闇金への対応ノウハウがある少数派の事務所です。闇金業者も恐れる事務所ですので、安心してお任せすることができます。

また、元金融業に従事していたスタッフや多重債務に苦しんだ経験のあるスタッフも在籍するため、相談者の気持ちに寄り添った対応で人気があります。

こんな方におすすめ
  • 自分に合った手続きを提案してほしい
  • 自己破産せずに解決したい
  • 一刻も早く督促を止めたい
  • 一緒に悩みを解決してほしい

「シン・イストワール法律事務所」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

個人再生・自己破産は弁護士に相談すべき理由

個人再生・自己破産の手続きは、「司法書士」もおこなうことができます。

しかし、わたしは弁護士に相談されることをおすすめします。弁護士は「あなたの代わりに手続きすることができる」からです。

じつは、司法書士には手続きするうえでさまざまな制限があります。

たとえば、あなたに代わって裁判の当事者となることはできません。裁判所類の作成やアドバイスはもらえるものの、あなた自身が当事者として動かなければいけないのです。

裁判所への出頭は平日の昼間に限られますので、仕事を休む必要があります。借入先との交渉が長引けば、何度も休んで裁判所に出かけなければいけません。

理解ある職場なら何度も有給が取れるかもしれませんが、なかなかそういう訳にはいかないでしょう。

わたしが弁護士を選んだ理由が、「自分に代わって手続きしてもらえる」ということでした。借金のある身でしたから、何度も仕事を休むわけにはいかなかったからです。

結果的には非常に満足しています。費用はそれなりにかかったものの、その何倍もの借金がなくなったからです。わたしと同じサラリーマンであるなら、間違いなく弁護士に相談されることをおすすめします。

 相談しやすい!満足度98%!経験豊富なスタッフ
東京ロータス法律事務所ひばり法律事務所シン・イストワール法律事務所
相談無料無料初回無料
任意整理40,000円+減額報酬10%から40,000円+減額報酬10%から53,000円+減額報酬10%から
個人再生750,000円より500,000円より370,000円より
自己破産450,000円より400,000円より370,000円より
分割払い相談にて相談にて
出張相談○(個人再生・自己破産は面談必要)○(全国対応)○(全国対応)
特徴・相談者に寄り添ったサービス
・全国無料相談の定期開催
・24時間・365日対応可能
・25年の豊富な実績
・誠実な対応
・出会い系被害に強い
・闇金対応ok
・元金融会社により高い交渉力
・多重債務経験スタッフによる優しい対応

まとめ

いかがでしたか?

弁護士事務所のなかでも、債務整理に強い事務所を選ぶべき理由が、おわかりいただけたかと思います。

債務整理は自分一人ですることもできます。

しかし、借入先との交渉や裁判所への出頭、膨大な書類の準備など、仕事をしながら手続きに奔走することは現実的ではありません。

債務整理はプロに頼むのが一番です!

ブラックリストの期間にも影響しますので、できるだけ早く手続きを終えた方がよいでしょう。

債務整理の相談先は、費用の安さで選ぶべきではありません。

ただ、費用の高さが原因で債務整理の相談を諦めるようなことがあってはいけません。債務整理は「国が認めた」手続きであるため、権利として堂々と利用すべきだからです。

以下の記事では、費用が安く安心しておすすめできる事務所をご紹介しております。費用の負担が心配な方は、ぜひ参考にしてください。

債務整理費用の相場はいくら?お金がなくても手続きできる方法を紹介

2020-11-08