借金返済の相談はどこにすればいい?無料で相談できる窓口を紹介!

借金の相談といえば「弁護士」や「司法書士」が思い浮びますよね。

でも、ちょっと敷居が高いイメージがあるのでなかなか相談しづらいかもしれません。

じつは、借金に関する相談窓口は他にもあります。無料で相談に応じてもらえますので、費用のことを心配する必要はありません。

今回は、借金についての相談に応じてくれる機関をご紹介します。相談にのってもらうことで気持ちがラクになりますので、ぜひ利用してみてください。

借金のことで悩んでいる人は多い

日本人の3~4人に一人は、何らかの借金を抱えているといわれています。

家や車などの購入にはローンが利用されますし、事業の運営においては、お金を借りることなど珍しくありません。

しかし、借金がある人のなかには「買い物」や「ギャンブル」など、絶対に必要とはいえない種類のものもあります。

どうしても服があれば借金してでも手に入れたいですし、ギャンブルであれば一攫千金を夢見てお金をつぎ込んでしまうのもわかります。

誰もが好きで借金をしているわけではありません。気がつけば借金をしていたというケースがほとんどなのです。

借金問題解決の流れ

借金問題といえば「弁護士」や「司法書士」に相談するのが一番ですが、まずは「できること」からはじめてみましょう。

借金の現状を整理する

まずは借金の状況を知ることから始めましょう。「いま、どれだけの借金があるのか」を知ることで、返済が可能であるかを考えることができるからです。

具体的には、A社から◯◯万円、B社から◯◯万円、C社から〇〇万円というように、具体的な借入金額を書き出してみます。

そして、あなたの収入から生活費を差し引いて、毎月いくらなら返済できるのか試算してみましょう。

何とか返済していくことが可能であれば、デメリットもある債務整理をする必要はありません。

借金の現状を知ることで、本当に債務整理する必要があるのかも判断することができます。

まずは、自力で返済できるのかを検証するためにも、借入総額を精査してみてください。

家族に相談する

自分の借入状況を精査してみて、やっぱり自力で返済するのが難しいとわかっても、すぐに債務整理を検討することはありません。

誰にでも当てはまることではありませんが、まずは身近な存在である家族に相談して協力をあおぎましょう。困っているときに助け合うからこそ家族です。

もちろん、一人暮らしであったり、家族との関係が良くなかったりすれば、相談することなどできません。第三者である「公的機関」に相談することをおすすめします。

とくに、10代・20代で借金に悩んでいるならば、親御さんに今すぐ相談してください。若いときの失敗はのちの経験となりますし、きっと助けてもらえると思います。

仮に債務整理することになったとしても、若いうちに手続きした方が影響が少ないのでおすすめです。

債務整理に年齢制限はある?学生や20代こそ債務整理すべき理由

2020-12-16

債務整理について調べる

自力での返済が難しく、家族に協力を得られないなら、債務整理の検討をしなければいけません。債務整理をすれば、あなたの借入状況に最適な方法で解決できるからです。

債務整理は、経済的に弱い立場の人が生活を立て直すために、国がつくった強制的な手続きです。

そして、司法による解決を図る権利は、誰もが一律に保持しているのです。

どれだけ頑張っても返済できない状況はあります。自分を責めず、専門家の協力を得て解決への一歩を踏み出してください。

トップページロゴ画像

借金相談ランキング|債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所の選び方

2019-12-28

借金の悩みを相談できる公的機関

借金に関する悩みは、専門家の意見を仰ぐのが一番です。適切なアドバイスを受けることで、どのような解決策があるのかを知ることができるからです。

この項では、借金についての悩みを相談できる機関をご紹介します。

自治体の法律相談

全国の地方自治体では、法律に関するさまざまな悩みを相談できる窓口を設置しています。県単位での相談窓口だけでなく、市町村単位でも法律相談がおこなわれています。

地方自治体における相談窓口は、弁護士・司法書士への相談がスムーズにおこなわれることを支援する機能があります。

どのような解決方法があるのかの簡易的な説明はあるものの、具体的な解決方法については専門家自身からアドバイスを受けることとなります。

専門家への相談は30分単位で有料としている自治体が多く、無料でアドバイスを受けられる範囲は限定的です。

国民生活センター

独立行政法人国民生活センターとは、身近な消費者トラブルや借金に関する悩みも相談できる期間です。全国的な組織であり、県や自治体が相談窓口に指定されています。

相談される内容は多岐にわたり、あきらかな詐欺被害はもちろん、ネット通販でのトラブルも近年は増加傾向にあります。

借金問題においては、ご自身の借入状況の整理を手伝ってもらえたり、裁判所から通知が届いたときの対応なども相談されているようです。

また、悪質なヤミ金被害の相談も無料でおこなっていますので、一人で抱え込まずに相談してみるとよいでしょう。

国民生活センターについて、詳しい情報は以下をご覧ください。

→国民生活センター

法テラス

法テラス(日本司法支援センター)は、身近なトラブルを相談できる国が設置した機関です。借金問題だけでなく、契約上の困りごとについての相談にも応じています。

「法律相談」と聞くと敷居が高く感じてしまいますが、法テラスは気軽に相談できる窓口として設立されました。

借金の相談については、法テラスに登録している弁護士・司法書士事務所の紹介をおこなっています。また、弁護士・司法書士報酬の立替払いもおこなっていますので、手待ちがなくても安心です。

法テラスは全国に設置しており、電話やメールでの相談に応じています。相談は無料ですので、まずは電話して詳しい話を聞いてみることをおすすめします。

法テラス(日本司法支援センター)について、詳しい情報は以下をご覧ください。

→法テラス(日本司法支援センター)

借金問題の専門家!弁護士・司法書士に相談

借金問題を解決するには、最終的には弁護士・司法書士に依頼しなければいけません。借入先との難しい交渉もありますし、場合によっては裁判所での審理に臨まなければいけなくなるからです。

地方自治体や法テラスで相談してみても、最終的には弁護士・司法書士に相談するよう促されます。借金問題を個人で解決することはとても難しいからです。

借金問題は時間の経過とともに状況が悪くなってしまいます。借入先から裁判を起こされることにでもなれば、平穏な生活が一気に厳しい状況となります。

専門家の力を借りて、一日も早く借金問題解決への一歩を踏み出すことが大切です。

トップページロゴ画像

借金相談ランキング|債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所の選び方

2019-12-28

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、借金の悩みを相談する窓口をご紹介しました。

借金の悩みは誰にでも相談できる性質のものではありませんので、一人で抱え込んで苦しくなります。

しかし、今回ご紹介したように無料で相談できる窓口もありますので、まずは相談だけでもしてみるといいです。きっと、気持ちがラクになりますし、解決に向けて一歩近づけるはずです。

借金問題は一日でも早く解決することが求められますので、今回ご紹介した相談窓口に連絡してみてください。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓