任意整理するお金がない!手持ちがなくても借金整理する方法

任意整理をしたいと思っていても、費用がかかることを考えると相談しようか迷ってしまいます。弁護士・司法書士の相談料といえば、高額なイメージがあるため仕方がありません。

実際、借入先が複数ある場合の手続きでは、10万円以内で手続きすることは難しいです。報酬額については規定されているため、極端に安価な設定はできないからです。

「10万円」と聞くと、相談しようか迷ってしまいますよね? 私なら、きっと迷ってしまうと思います。お金がないから任意整理するのに、まとまったお金なんて絶対用意できないと思うからです。

しかし、実際には手持ちが少ない方がたくさん相談されています。お金がなくても任意整理の手続きを受ける方法があるからです。

今回は、お金がなくても任意整理できる方法をご紹介します。

任意整理にかかる費用の相場

ここでは、任意整理にかかる費用の一例をご紹介します。

任意整理の手続きについては、司法書士事務所が熱心に取り組まれています。なかでも、はたの法務事務所は費用も安価で実績も豊富な事務所として有名です。

以下、はたの法務事務所の料金例をご紹介します。

はたの法務事務所

(例)3社から合計150万円の借入があった場合

  • 基本報酬:1社あたり22,000円✕3社=66,000円
  • 減額報酬:50万円減額の場合→50万÷10%=55,000円
  • 費用合計:121,000円

(上記価格は税込)

弁護士・司法書士事務所ともに、基本報酬は「借入先1社につき◯◯円」と設定している場合が多いです。もっとも多いのは、1社につき55,000円(税込)という料金設定です。

基本報酬が55,000円以下であれば、比較的安価な事務所であると考えて差し支えありません。

お金がなくても任意整理が可能な理由

お金がなくても任意整理の手続きが出来る理由は、弁護士・司法書士に相談することで返済が一時的に停止するからです。任意整理の手続きが完了し、返済が再開するまでの間は借金の返済がストップします。

一時的とはいえ返済がストップしますので、この間はお金を支払う必要がなくなります。そして、返済にあてる予定だったお金は弁護士・司法書士費用の返済にあてることになるのです。

返済が再開する時期は、弁護士・司法書士への報酬の支払いが完了した段階です。任意整理後は、完済するまで利息を請求されることがありません。月々の返済額も少なくなっていますので、任意整理する前に比べて金銭的な余裕が生まれるでしょう。

お金がないときに任意整理する方法

任意整理しようと思っても、費用の支払いがネックとなり、相談を諦めてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、費用の支払いについては何とかなります。弁護士・司法書士が任意整理の手続きを引き受けるということは、費用の支払いについて方策があると考えているからです。

費用のことで心配するのは後回し。とにかく、一日でも早く相談することが大切です。

この項では、費用の支払い方法についてご紹介します。

分割払い対応の事務所に相談する

弁護士・司法書士費用の支払いについては、分割払いに対応している事務所が多いです。半年から一年かけて支払っていくのが一般的ですが、36回払いに対応している事務所もあるようです。

そもそも、相談する側からすればお金がないから任意整理を検討しているわけです。

費用を払えないという理由で受任できないとすれば、任意整理という制度そのものが機能しません。任意整理とは、お金がなく苦しい立場の方を救済するための制度だからです。

任意整理の相談を受け付ける事務所としては、「お金がない」という状況をを充分に理解しているため、手持ちの有無を気にせずに相談してみることをおすすめします。

法テラスの扶助制度を利用する

法テラスの扶助制度を利用すれば、手持ちがなくても費用の立替払いをしてもらえます。

もともと、法テラスは司法を身近に利用してもらうための機関として誕生しました。そのため、任意整理の費用も立替払いに対応して、相談しやすくしているのです。

法テラスの扶助制度を利用するには、一定の条件を満たさなければいけません。立替てもらった費用は、無利息で3年程度を目安に分割払いで返済します。

具体的には、月々1万円または5千円を選択して返済していきます。これまで、生活を切り詰めてまで返済していたことを考えると、何とかなる金額ではないでしょうか?

収入が少なくて費用の支払いが困難なら、ほぼ相談条件に適合すると思います。詳しくは、お近くの法テラスに問い合わせて見てください。

司法書士事務所に相談する

任意整理の相談なら、まずは司法書士事務所に問い合わせてみるといいでしょう。弁護士事務所と比較すると費用も安価で手続きできますので、手持ちが少なくても引き受けてもらいやすいからです。

簡裁訴訟代理の認定を受けた司法書士の先生は、債務整理の業務を広く扱っているため経験も豊富です。気軽に相談してみるとよいでしょう。

本当は複数の事務所に問い合わせて見積もりを取るのが一番ですが、借金整理の手続きは一刻を争います。安価な事務所が見つかれば幸いですが、まずは経験豊富な事務所を選ぶことを優先してください。

まとめ

手元にお金がないからといって、任意整理の手続きを諦めてはいけません。費用が安いにこしたことはありませんが、早めに相談することが最優先です。

利息が膨らみ支払不能となれば、大切な財産が差し押さえられてしまいます。大切な家族には、迷惑をかけることとなります。また、家や車が差し押さえられてしまえば、近隣の注目の的となり、住み続けることが難しくなるでしょう。

手遅れにならないためにも、早めに任意整理の手続きに入ったほうがよいのです。費用の支払い方法については、相談者の立場を理解したうえで色々と用意されているからです。

まずは、信頼できる弁護士事務所または司法書士事務所に相談してみよう。

自己破産写真

債務整理費用の相場はいくら?お金がなくても手続きできる方法を紹介

2020-11-08
あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓