借金返済に疲れたら!一人で悩まず専門家の力を借りて最短で解決を!

借金返済に疲れたら、早めに債務整理した方がいいです。収入に対する返済の比率が大きいため、生活を切り詰めて行かざるを得ないからです。

今より幸せな生活をするためには、借金生活をリセットすことが大切です。

今回は、借金返済に疲れたあなたに「債務整理」がおすすめである理由を解説します。法的に借金整理することで、生活がどのように変わるのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

借金返済生活が続くとどうなる?

借金返済が続くと、生活にさまざまな影響があらわれます。実際に私が体験したことなので、同じような状況に陥る人も少なくないはずです。

転職を繰り返す

借金生活が続くと、仕事をやめたり転職を繰り返すようになります。今より給料の高い仕事を探して転職した方が、借金の返済が進むと考えるからです。

しかし、慣れている今の仕事を離れて新しい仕事につけば人間関係や仕事の内容がなかなか覚えられずかえってストレスをためることにもなります。今の仕事を辞めることなく、借金を確実に返済していく方が良いのです。

夫婦仲が悪くなる

借金があることで、夫婦の仲が悪化します。給料が入っても借金の返済に回さないといけないため、食事や買い物にお金を使うことができなくなるからです。

借金がなくなれば、たまには外食にしたり欲しい服も買えるようになります。夫婦関係が悪くなると子供にも影響しますし、最悪の場合、一家離散にもつながります。円満な夫婦関係を続ける上でも、借金問題は早めに解決しましょう。

子どもの教育に影響

借金のある生活が続くと、子供の教育に影響が現れます。子供が小さいうちは何とかなりますが、高校や大学に進学するようになると膨大なお金が必要になるからです。

子供に叶えたい夢があるのならば、実現させてあげたいと思うのが親の気持ちですよね。子供の未来の為にも、借金問題は早めに解決しなければいけません。

精神的ストレスから体調をこわすこともある

借金があるというだけで、常にストレスがかかった状態で過ごすことになります。私も借金のことで頭がいっぱいになり、心も体も限界のところまできました。

うつ病を引き起こす

借金のことで悩んでいるうちに、心身的に限界を迎えて最悪の場合うつ病発症します。うつ病は、極度なストレスが原因となって発病すると言われています。

うつ病にかかるとすべてをネガティブに捉えるようになり、自暴自棄な状態になることもあります。実際、私は借金のストレスからうつ病いっぽ手前のところまで追い込まれてしまいました。

今の生活を投げ出して、もうどうなってもいいと思ってしまったので、うつ病はとても怖い病気であると言うことを感じました。最悪の状態にならないためにも、借金問題は早めに解決することが必須です。

睡眠障害になる

借金返済のことで頭がいっぱいの生活が続くと、なかなか眠ることができず、夜中に何度も目が覚めるようになります。朝起きても疲れが取れず、翌日もボーッとしたまま一日を過ごすことになります。

睡眠が足りていないと、様々なことに影響が現れます。仕事の集中力を欠くばかりでなく、車の運転中に睡魔に襲われることもあるため、交通事故の引き金にもなります。

借金と言う心配事があるだけで、良質な睡眠が取れなくなってしまいます。ぐっすりと眠れるようになるためにも、借金問題は早々に解決しましょう。

メリット・デメリットについての画像

債務整理するとどうなる?リスクやデメリットを解説

2020-12-07

お金の悩みから解放されるとこうなる!

借金のない生活になってみると、これほど毎日が楽しく、余裕をもって過ごせることがわかりました。自然と笑顔になれる瞬間が増え、体を動かすことも多くなったので、見るみるうちに健康を取り戻したのです。

仕事へのヤル気がおこる

借金の問題が解決すると、心に余裕が生まれるので洗えることがうまく回るようになります。借金でギリギリの生活を続けていた頃とは違い、物事を冷静にとらえることができるようになるからです。

仕事では集中力が増し、ミスをしなくなります。借金がなくなかったことで全てがうまくいくようになり、昇進するような人も多いのです。仕事の充実感を高める上でも、借金は早めに解決すべきです。

家族との関係が良くなる

借金がなくなると、家族との関係が良好になります。イライラしなくなるため、子どもを叱ることがほとんどなくなります。

家庭でも笑顔が増えるようになり、自然と家が明るくなります。借金を抱えたままでは、心に余裕をもつことができません。常に追い込まれた状態であり、精神的にも肉体的にも一切の余裕がないからです。

一日も早くゆとりのある生活を取り戻しましょう。

プランABC]

債務整理のメリットは?借金がなぜ減額・免責となるのか解説

2020-11-30

債務整理で人生が変わる

債務整理とは、経済的に困難な状況にある人が生活を立て直すための法的な手続きです。利息の支払いをカットすることで返済総額を減らしたり、返済そのものを免除する手続きもあります。

しかし、債務整理をすることによるメリットとデメリットがあるのも事実です。この項では、債務整理のメリット・デメリットを紹介します。

債務整理のメリット

債務整理のメリットといえば、借金が大幅に減額されたり、免除されたりすることです。完済までの道のりが見えてくるため、無理せず確実に支払っていくことができます。

お金に対する考え方が変わり、無駄遣いしないようになります。貯蓄や資産運用にも興味が湧き、お金が増える生活へと変化するでしょう。

債務整理は、借金生活から抜け出して新たな人生を切り開く第一歩といえます。

債務整理のデメリット

債務整理のデメリットといえば、ブラックリストに登録されるため、一定機関クレジットカードが使えなくなることです。ローンも組めなくなりますので、欲しいものを分割で支払うことがでいなくなります。

また、債務整理の手続きを弁護士・司法書士に依頼すれば費用がかかります。債務整理の手続きは複雑ですので、専門家に依頼するしかないのです。

債務整理をすることで不便に感じることは、住宅ローンやカーローンが組めないことくらいで他にはとくに感じません。デメリットよりもメリットの方が大きいというのが債務整理なのです。

まとめ

私は借金返済に疲れてしまったときの解決策として、債務整理をおすすめします。

債務整理は、あなたがイメージするほど怖いものではありません。経済的に困窮した際に、生活を立て直すために国が認めた権利なのです。

借金があることで「ヤル気」が出るという人もいますが、あくまでごく一部の人の発言です。借金は、精神的にも肉体的にも害であることは間違いありません。限界を迎える前に、根本的な解決を図りましょう。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓