任意整理するとクレジットカードの利用はどうなる?手続き前後の注意点を解説!

「任意整理をするとクレジットカードが使えなくなる」と聞いたことはありませんか?

クレジットカードが使えなくなると不便ですよね……。キャッシュレス決済が当たり前になってきたのに、今さら現金払いなんて考えられないです。実際のところ、任意整理をするとクレジットカードの利用ができなくなるのでしょうか。

今回は、任意整理した場合のクレジットカードの利用について解説します。任意整理する前と後で注意すべき点についてもご紹介しますので参考にしていただけると幸いです。

任意整理すると基本的にクレジットカードは使えなくなる

新整理をするとクレジットカードが使えなくなります。信用情報機関が管理する「ブラックリスト」に登録されるからです。

一部のカードは継続して使え場合がありますが、信用情報の共有に時間差が生じているだけであり、カードの有効期限到来のタイミングで停止される可能性が高いです。

任意整理の場合、手続き完了後5年程度はブラックリストに登録されているためクレジットカードの利用が制限されます。新しいクレジットカードをつくることもできなくなるため、基本的に「お金を借りる」ことができなくなるわけです。

しかし、ブラックリストに登録されることによって不便さを感じる場面はほぼありません。普段の生活では、まだまだ「現金払い」が中心だからです。

しかし、高額な買い物を分割払いやローンで購入しようと思うとできません。信用情報機関から「NG」との審査結果が出されるため、一括払いするより仕方ないのです。

たとえば、「住宅ローン」や「カーローン」が組めなくなりますので、「大きな買い物」をするにあたっては不便さを感じることになるでしょう。

実際、私も債務整理後はクレジットカードの利用やローンで買い物ができなくなりました。しばらくは現金で買い物をしていましたが、「デビットカード」の存在を知ってからは、必要に応じて利用しています。

任意整理後はクレジットカードが利用できなくなりますが、「借金グセ」を治すには絶好の機会です。不便さを逆手にとって、お金に対する考え方を転換すべきだと思います。

任意整理する前に注意すべきこと

公共料金の引き落としをクレジットカードで支払っている場合は注意が必要です。任意整理すればクレジットカードが使えなくなり、公共料金の支払いもストップしてしまうからです。

公共料金の支払いが止まってしまうと、当然、電気・水道が停められてしまいます。電気や水道が使えなくなると不便ですよね?

任意整理の手続きに入る前には、公共料金の支払い方法を変更しておく必要があります。

たとえば、銀行口座から直接引き落とししてもらうような支払方法に変更したり、コンビニから現金納付する方法が考えられます。

クレジットカードで公共料金を支払っている場合には、任意整理の手続きに入る前に手続きしておくことを忘れずに。

弁護士と面談している画像

任意整理とは?任意整理の減額方法や手続きの流れを解説

2021-04-07

任意整理してもつくれるカード会社はヤミ金

任意整理をするとクレジットカードは使えなくなります。当然、住宅ローンやカーローンも組めなくなります。

しかし、任意整理をしているのにお金を貸してくれる金融機関があります。

一見すると普通の金融会社のようですが、彼らが送りつけてくるDMには必ず「自己破産しても借りられます」という、甘い言葉が書かれています。

任意整理してお金を借りられなくなった方を狙った、高金利の悪徳業者です。

彼らは認可を受けた貸金業者ではありません。法定金利の何十倍、何百倍もの利息を請求してくるのです。

そして、いざ返済しようとしても簡単には返済することができません。返済窓口に連絡がつかないようにして、意図的に返済期限を過ぎさせます。そして、「遅延損害金」を請求するのです。

絶対に借りてはいけないのが「ヤミ金」です。任意整理後に送られてくるDMは100%ヤミ金ですので、甘い言葉に踊らされないように気をつけましょう。

任意整理後にクレジットカードを利用したい場合の対応

任意整理をした後でもクレジットカードを使う方法があります。正確に言えば、クレジットカードと同様にカードを使って支払う方法は、任意整理に関係なく使えると言うことです。

「デビットカード」と言うご存知でしょうか? デビットカードは、銀行口座に残高があれば残高の範囲内でクレジットカードと同様に使うことができるカードです。

たとえば、楽天デビットカードですと、楽天カードと同様にポイントも貯まりますのでクレジットカードと何ら違いはありません。

任意整理後はクレジットカードが使えなくなりますが、借金グセをなくすには、強制的にカードの利用を制限された方が良いのです。

もしも、任意整理後でもクレジットカードを使える状態であれば、ふたたび利用してしまい、生活を立て直すことは不可能となります。

デビットカードを利用すれば、クレジットカードと同様に支払いもスムーズでし、ネットでの購入にも対応しています。

「クレジットカードが使えなくなるから任意整理はしない」と考えるのではなく、任意整理後はは「デビットカード」や家族の名義で作れる「家族カード」を使うという方法もあります。

家族カードについては家族の方の名義で借りることができるため注意が必要ですが、うまく利用すればブラックリストの期間も不便さを感じることはありません。

財布の中のクレジットカードの画像

任意整理するとクレジットカードの利用はどうなる?手続き前後の注意点を解説!

2021-04-20

まとめ

任意整理をするにあたり、手続きの前と後では注意が必要であることがわかりました。

しかし、クレジットカードが利用できなくても代わりの方法はありますので、借金生活に終止符を打つべく、任意整理を利用するのも良いでしょう。

弁護士や司法書士に相談すれば、あなたに最適な方法での借金整理が可能となります。まずお近くの事務所に電話やメールで問い合わせてみると良いでしょう。

借金の問題は根が深く複雑であるため、一人で解決することは極めて困難です。こちらのサイトでもおすすめの事務所を紹介していますので、無料相談だけでも受けてみると良いかもしれません。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓