保証人に迷惑をかけたくない!任意整理なら手続き対象を選べるので安心

債務整理をすると、保証人に迷惑をかける場合があります。
保証人には、本人が債務不履行となった場合に、代わりに返済する義務があるからです。

そのため、債務整理せずに苦しい返済を続けている方も多いのです。

しかし、「任意整理」を利用すれば、保証人に迷惑をかけることなく借金整理が可能です。任意整理は、手続きの対象を選択できるからです。

そこで今回は、債務整理の手続きのなかでも利用者がもっとも多い、任意整理の特徴をご紹介します。

債務整理による第三者への影響

任意整理は対象とする借入先を選ぶことができます。借入先を選べることで、第三者への影響を抑えることが可能です。

一方、個人再生は自己破産ではすべての借入が対象となるため、借入先によっては第三者に迷惑をかけることもあります。

例えば、保証人付きの借り入れが該当します。本人が返済できなくなった場合は、保証人に返済義務が発生するからです。

住宅ローンを借りる際には保証人を立てます。奨学金を借りる際には、親御さんや親戚の方に保証人になってもらう場合があります。

また、勤務先によっては住宅ローンなどの立替を行っている会社もありますので、債務整理をすれば会社に損害を与えることになるのです。

個人再生や自己破産は、整理する対象を選ぶことができません。もちろん、会社からの借入も対象となります。

債務整理することになれば、当然、クビになることも覚悟する必要があるでしょう。

個人再生や自己破産の場合、友人などから借りている場合でも、手続きの対象となります。

個人からの借入なので、金的には少ないかもしれませんが、貸したお金が返らないと分かれば、友情にヒビが入ることは間違いないでしょう。

任意整理なら第三者への影響を避けられる

任意整理による手続きを選べば、そのような心配は無用です。保証人付きの借入や会社から借りている場合でも、手続きの対象から外すことができるからです。

その他の金融会社やクレジット会社からの借入については、任意整理の対象として減額してもらえるよう交渉を進めます。

任意整理することで借金が減額された結果、対象の借入先からはお金を借りられなくなります。いわゆる「ブラックリスト」に登録されるからです。

しかし、「2度と借金をしない」という気持ちであれば、借入できないということは幸いといえます。借りたくても貸してもらえませんので、収入の範囲内での生活が身につくからです。

お金が借りられないからこそ借金グセを断ち、収入の範囲内で生活する方法を身につけましょう。

「借入できない」という期間は、不便ではあるけれど今後の生活を考えるうえで大切なのです。

任意整理のブラックリスト期間は約5年

任意整理した場合、ブラックリストに登録される期間は5年程度だといわれています。5年という期間は長いようで意外と短く感じます。

一定期間は不便な生活を強いられるかもしれませんが、5年経てば今までと変わらない生活が送れるのです。

たとえば、5年後に家を建てる予定であれば、住宅ローンを組むことができます。今は予定になくても、5年後にアパートを出て一戸建てが欲しくなるかもしれません。

住まいのかたちは、家族が増えたり子どもの教育環境の変化によって変わるものなのです。

カーローンも組めるようになりますので、家族5人がゆったり乗れるミニバンを手に入れることもできます。

子どもが小さい時はチャイルドシートが場所を取りますので、軽自動車だと少し窮屈に感じてしまうものです。少し大きい車が欲しくなるのではないでしょうか。

5年と聞くと長く感じるかもしれませんが、自己破産すると10年は借入ができません。

住宅ローンや車・教育にかかるお金など、いつ・どれだけお金が必要になるかは重要です。お金を借りなければ購入できないものは、思った以上に多いことがわかります。

そのためにも、5年程度の我慢で済む「任意整理」がおすすめなのです。

まとめ

個人再生や自己破産は、借金整理の方法の中でも最終手段です。特に自己破産は、手続き後10年間は借り入れができなくなるため、生活する上でとても不便です。

借金整理の方法としてまず初めに考えるのは「任意整理」であると考えてください。任意整理による解決を図れば、保証人に迷惑かけることもありませんし、会社をクビになる心配もありません。

「自己破産しかない」と思っていても、まずは任意整理できないか? 弁護士または司法書士事務所で相談してみましょう。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓