任意整理は旦那に内緒で手続きできる!バレずに借金整理できる秘訣を紹介!

借金の整理をしたいけれど、旦那さんにバレたら怖いので苦しい返済を続けていると言う方は多いですよね。

しかし、このまま苦しい返済を続けていると、思いがけない出費が必要になったときに対応できなくなります。

同じ家で暮らしている以上、何らかの理由でばれてしまう可能性もあるでしょう。

旦那さんに内緒の借金があるなら、できるだけ早く返済のメドをつける必要があります。

借金返済の最適な方法として、「任意整理」と言う手続きがあります。任意整理は、内緒で借金の減額ができる好都合な手続きなのです。

今回は、旦那さんにバレずに借金整理できる「任意整理」という手続きについて解説します。手続きにおける注意点も解説しますので、参考にして頂ければ幸いです。

任意整理が旦那さんにバレない理由

借金を整理をするにあたって、旦那さんに内緒で手続きするのは難しいように感じますよね? 同じ家に住んでいる以上、どのような理由でバレるかわかりません。

しかし、任意整理なら旦那さんに内緒で借金を整理することができます。個人再生や自己破産の手続きと比べると、任意整理は簡易的な手続きであることも理由の一つだからです。

この項では、なぜ任意整理が旦那さんにバレずに手続きできるのか解説します。

旦那さん自身の書類を準備する必要がない

個人再生や自己破産とは違い、任意整理に必要な書類はあなたに関する書類だけです。旦那さん自身の書類を準備してもらう必要が無いのです。

旦那さんの書類が必要であった場合は、あなたが代わりに書類を取得することはできません。旦那さんに頼んで書類を準備してもらう必要があります。

個人再生や自己破産の手続きでは、旦那さんの住民票や戸籍謄本等の書類が必要となります。

また、個人再生や自己破産は財産を没収される可能性があります。

たとえば、あなた名義の車を所有所有している場合、没収の対象となる可能性があるのです。車などは旦那さんも一緒に使っているものですから、突然、裁判所から没収の通知が来れば旦那さんにバレてしまうことは明白です。

しかし、任意整理の手続きにおいて必要なのは、あなた自身の書類だけです。旦那さんが不在の間に手続きできますので、旦那さんにバレる心配はありません。

裁判所での手続きがないため短期で手続き可能

任意整理は、裁判所に出向いての手続きがありません。裁判所に行かなければいけないとなれば人目も気になりますし、裁判所からの通知が自宅に届く心配もあります。

実際の手続きでは、裁判所からの書類は全て弁護士・司法書士事務所へ送達するようになっていますが、何らかの理由で自宅に届く可能性は否定できません。

任意整理は借入先との直接交渉する手続きですので、裁判所から通知が届いて旦那さんにバレるという心配はないのです。

官報に掲載されないのでヤミ金にバレない

個人再生や自己破産をした場合、裁判所での手続きが必要となります。そして、裁判所で行なわれる手続きは債権者への通知する必要があります。

通知の方法としては、裁判所前の掲示板に広告されるほか、「官報」に掲載して広く情報が開示されます。

あなたの住所や名前が、「官報」という国が発行する広報物に掲載されてしまうのです。

一般の方にとって「官報」を目にする機会は少ないのですが、ある特定の企業や団体には置かれています。

旦那さんご自身や知人の方があなたの名前を発見する可能性は低いですが、官報に掲載されている情報を仕事で使っている業者がいます。それがヤミ金業者です。

ヤミ金業者は、官報に掲載されている住所や名前をもとに、不当な貸付を行うためのDMを送りつけてきます。

そのようなDMが自宅に届けば、旦那さんに怪しまれる事は明白です。何か借金があるのではないか? と疑われても仕方ない状況となるでしょう。

しかし、任意整理は借入先との直接交渉する手続きであるため、官報に住所や名前が掲載される事はありません。

ヤミ金業者から不当な貸付を勧誘するようなDMが自宅に届く心配もないのです。

旦那さんにバレずに任意整理するために

任意整理が旦那さんにバレずに手続きできるとはいえ、あなた自身が手続きをすることは困難です。

任意整理の手続きは、借金整理の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

ここでは、任意整理の手続きにおける注意点をご紹介します。

弁護士・司法書士に相談する

まずは、借金整理について弁護士または司法書士に相談するのが最優先です。借金整理を依頼することで、あなたに最適な手続きを迅速に進めてもらえるからです。

借金返済が滞った状況を放置しておくのは危険です。借り入れ先から裁判起こされて、旦那さんに借金のことがバレてしまうからです。

弁護士または司法書士の先生には旦那さんに内緒で借金整理したい旨を伝え、手続きする上での注意点をアドバイスしてもらいましょう。

連絡先を携帯電話に指定する

クレジットカード等の契約においては、電話番号を登録しているはずです。

もしも、電話番号を自宅の番号で登録していた場合、自宅にかかってきた電話を旦那さんが受けてしまう可能性があります。

任意整理の手続きに入る前には、あらかじめ連絡先の変更をしておきましょう。自分の携帯電話の番号に登録しておけば、自宅の電話にかかってくる心配はありません。

また、任意整理の手続き開始後は携帯電話に借入先から電話が入ってきます。

しかし、弁護士又は司法書士に依頼した後は電話に出る必要はないので、基本的に電話に出る必要はありません。

電話がかかってきたことだけ、弁護士または司法書士の先生に伝えてください。

郵送先を弁護士・司法書士事務所に変更する

弁護士または司法書士に相談した後は、借入先からの通知等は、すべて事務所のほうに送ってもらうような流れとなります。

法律の規定により、依頼後は直接本人に連絡を取ったり、郵便物を送りつけたりすることができなくなっているからです。

弁護士または司法書士に相談した際には、あらかじめ連絡先についても確認とっておくと良いでしょう。

光熱費の支払口座をチェックする

光熱費等の支払いをクレジットで支払っている場合は、任意整理の手続きをする前に、あらかじめ支払い方法を変更しておきましょう。

任意整理の手続きをすると、クレジットカードを使用できなくなるため、連動して光熱費の支払いもストップしてしまうからです。

たとえば、銀行口座から直接引き落としてもらう方法に変更したり、コンビニから直接納付することも可能です。

電気や水道が止まってしまうと、生活にも支障きたしますので、あらかじめ対策しておきましょう。

任意整理後に注意すべきこと

旦那さんに内緒で借金整理をするにあたっては、任意整理の手続き後も何点か注意すべきことがあります。

ここでは、任意整理の手続き後における注意点をご紹介します。

住宅ローンの保証人になれない

任意整理後は、保証人になることができません。信用情報に登録されている期間は、金融機関からブラックリスト扱いされるため、保証人になることができないからです。

たとえば、新たに住宅ローンを組むことになった場合、あなたが保証人になってローンを組むという契約ができなくなります。

あらかじめ家族や親戚にお願いするなど、旦那さんにバレないための方策を対策を打つ必要があります。

たとえば、あなたの実家のお父さんや親戚のおじさんなど、事情を話した上で協力をあおぐ必要があるかもしれません。

教育資金借入の保証人になれない

子どもが大学に進学する場合、奨学金を借りなければいけない可能性があります。

奨学金を借りるには保証人を立てる必要があるため、あなたが保証人になるような話しになる可能性があります。

しかし、任意整理後はあなたが保証人のなって奨学金を借り受けることができません。

幸い奨学金を借りる際の保証人については、保証機関が保証するという手続きが可能です。奨学金の申請にあたっては、「機関保証」を選択したうえで手続きするとよいでしょう。

カーローンが5年くらい契約できなくなる

任意整理後は、車をローンで購入することができなくなります。ブラックリストに登録されるため、分割払いの審査がおりないからです。

任意整理後に車の購入をしたい場合には、旦那さんの名義で購入するか、現金一括で買える範囲の車を購入することになります。

車を現金で一括払いするという契約は現実的ではありませんが、任意整理後5年間はブラックリストに登録されるため仕方がありません。

五年間経過した後には通常通りのローン契約も可能ですので、それまでの期間は我慢しましょう。

支払口座の通帳がバレないように

借入先からの引き落としが、どの通帳から引き落としされているのか確認しておきましましょう。

旦那さんがあなたの通帳見たときに、借入先からの引落しが記帳されていると、借金があることがバレてしまうからです。

借入先からの通知や電話ばかりに気をとられていると、思わぬところから旦那さんに借金がバレてしまう可能性があります。

借入先からの引落しがわかるような通帳は、旦那さんの目につかないところに保管しておくなど、いま一度確認しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、旦那さんに内緒で借金整理ができる「任意整理」の手続きについて、注意点を交えながら解説しました。

本当は、借金のことを旦那さんに打ち明けて一緒に返済を手伝ってもらうのが理想です。

しかし、さまざまな事情があるため内緒にしておきたい気持ちがあるのも事実です。

任意整理の手続きを使えば、旦那さんに内緒で続きすることも可能です。

借金整理は、早めの対策が最も大切です。できるだけ早く、弁護士または司法書士に相談しましょう。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓