ギャンブルの借金でも大丈夫!自己破産で免責を得る条件とは?

gunbleizon-top

自己破産を検討したとき、ギャンブルが原因の借金だから免責(借金がゼロになること)できないと思っていませんか?

ギャンブルが原因ですから、借金をゼロにできるなど考えられないですよね。

結論から申し上げますと、ギャンブルが原因であっても自己破産は可能です。ただし、免責を受けるためには、いくつかの条件があります。

そこでこの記事では、ギャンブルの借金でも、自己破産で免責を得られる理由について解説します。

債務整理に強い!おすすめの司法書士・弁護士事務所はこちらです↓

裁判官の裁量免責により多くの場合は免責される

実際には借金の理由がギャンブルであっても、免責決定が下りる場合も多いです。ここでいう「免責決定」とは、借金をした経緯を裁判官が審議し、免責とするかどうかの判断をすることをいいます。

これを裁判官による「裁量免責」といいます。

裁量免責とは、借金の原因が免責不許可事由であったとしても、裁判官の決定で免責されることをいいます。

免責決定を得るには、借金について深く反省し、二度とギャンブルをしないという覚悟を示すことが必要です。文字通り、裁判官の判断によって免責決定されるのとになります。

また、仮に免責不許可となった場合でも、以下のような事例もあります。

Lさんは競馬で借金をし、最終的な借金がサラ金15社から500万円にまで膨れ上がりました。

自己破産の申立をしましたが、免責不許可になりました。

しかし、借金の1割に相当する50万円を半年かけて積み立て、債権者に按分配当してようやく免責を得ています。

破産宣告から免責決定まで、7ヵ月かかりました。

(引用元:借金問題解決バイブル

上記のような事例もあるため、「ギャンブル=免責できない」というわけではありません。

実際、わたしも宝くじをネットで購入していたため、購入履歴の提出が必要でした。

しかし、結果的には免責が得られて借金がゼロになりました。諦めるのではなく、専門家に相談してみることをおすすめします。

menseki-sinjyutusyo

免責不許可事由に対する申述書

借入期間が10年以上なら過払い金返還請求で借金が戻る

「過払い金」とは、すでに支払った利息と「利息制限法」に基づいて計算し直した利息の差額をいいます。

そして、この差額は正当な権利として取り戻すことができるのです。

この項では、「過払い金が発生する仕組み」と、「過払い金が発生した場合」の効果について解説します。

長期の借入は「過払い金」が戻る可能性がある

借入期間が10年以上なら、高い確率で過払い金が発生しています。

2006年に改正された「貸金業規制法」により、法定利息を超えて支払われた利息は、取り戻すことができるようになったからです。

改正前は年率29.2%が上限だったのに対し、改正後は年率20%が上限となりました。この改正によって、払い過ぎた利息を取り戻せるようになったのです。

詳しくは下図をご覧ください。

kabaraikin-seikyuu

過払い金返還請求できる範囲

「過払い金」が戻ってくるとはいえ、申請しなければ一円も戻ってはきません。まずは専門家に相談して、過払い金があるかどうか無料で診断してもらいましょう。

過払い金の請求については以下の記事をご覧ください。

black-list-top

過払い金請求はブラックリストに載らない?信用情報に傷が付かない理由とは?

2018年6月11日

過払い金で自己破産が不要になる

過払い金請求により、取り戻したお金を返済にあてることで、返済残高を大幅に減らすことができます。

取り戻した金額が返済残高より多ければ、「すでに完済していた」ということにできるのです。

たとえば、100万円を改正前の年率29.2%で借りていた場合、年間利息は29万2,000円となります。

しかし、改正後の年率は15%であるため、本来の利息は15万円となります。

つまり、1年間だけでみても、差額分の14万2,000円を取り戻すことができるのです。借入期間が長期にわたれば、取り戻せる金額は、さらに大きくなるということです。

「過払い金請求」をしたからといって、ブラックリストにのるわけではありません。

払い過ぎた利息の返還を求めることは、当然の権利として認められているからです。

また、過払い金を取り戻す権利は、完済後10年で時効により消滅します。自己破産しかないと諦めるのではなく、専門家に相談してみてはいかがでしようか。

債務整理に強い!おすすめの司法書士・弁護士事務所はこちらです↓

ギャンブル依存症にならないために必要なこと

ギャンブルが好きな人にとって、ギャンブル抜きの生活など想像もできないですよね。簡単にやめることができたら、借金に苦しむようなことにはならなかったはずです。

そのため、債務整理後のギャンブル対策が大切なのです。

この項では、ギャンブルで再び借金をしないために必要なポイントをお伝えします。

ギャンブルで二度目の債務整理をするのは難しい

ギャンブルが原因の借金は、二度目の債務整理をするのが難しいです。裁判官が判断する材料として、ギャンブルはマイナス要因でしかありません。

そのため、ふたたびギャンブルで借金をしないため対策が必要です。

ギャンブルによる借金は繰り返す傾向にあります。厚生労働省の「依存症対策」では、つぎのようにまとめています。

依存症は、一般的なイメージでは、“本人の心が弱いから”依存症になったんだ、と思われがちですが、依存症の発症は、ドーパミンという脳内にある快楽物質が重要な役割を担っています。

アルコールや薬物、ギャンブルなどの物質や行動によって快楽が、得られます。そして、物質や行動が、繰り返されるうちに脳がその刺激に慣れてしまい、より強い刺激を求めるようになります。その結果、物質や行動が、コントロールできなくなってしまう病気なのです。

(引用元:厚生労働省「依存症対策」

依存症は「否認の病気」といわれています。第三者から見たら明らかな場合であっても、本人は認めようとしません。そのため、家族に負担をかける結果となるのです。

家族を悲しませないためにも、「ギャンブル依存症」と向き合うことが大切です。おすすめの方法は、「自助グループ」への参加です。同じような悩みをもつ人たちの交流の場です。(参照:GA日本インフォメーションセンター

ギャンブル依存症を一人で克服することは困難です。ふたたび借金を繰り返さないためにも、積極的な利用をおすすめします。

ギャンブル依存症を克服する6つの習慣

ギャンブルしたいという気持ちから離れるには、ギャンブルできないことへの、ストレス対策をおこなう必要があります。

ギャンブルしたい気持ちを抑えることは簡単ではないからです。そのため、努力すればやめられるようなものではないのです。

しかし、ここで対策をしなければ再び深刻な状況に陥ります。

闇金などでお金を借りるような事態だけは、絶対に避けなければいけません。そのため、普段の生活で無理なくできるストレス対策が必要なのです。

文部科学省では、以下のような項目を実施することで、ストレス状態は緩和されていくと話しています。

運動:1日15分、体を動かす。歩くこと・体操がよい。体の緊張を解きほぐし、リラックスする。

仕事:楽しく働く。働き過ぎない。無理を続けない。

睡眠:毎日十分な睡眠をとる。眠れない時が続くと要注意である。

休息:活動の合間に休みをとる。気持ちを切り替え、心にもゆとり栄養を補給する。

栄養:栄養のバランスを考える。三食味わって楽しく食べる。

入浴:適度な入浴は、心身の新陳代謝を促進する。

(引用元:文部科学省「CLARINET」より)

ギャンブルから離れることは簡単ではありませんが、上記のような項目を意識することでかならず変化があります。二度と借金を繰り返さないように、できることから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ギャンブルによる借金であっても、自己破産することで免責(借金がゼロになること)を受けられる可能性があります。

ギャンブル依存症から脱出するためにも、自己破産することは決して悪いことだとは思いません。大切なのは、ふたたび借金を繰り返さないということです。

ギャンブルが原因だから自己破産できないと決めつけるのではなく、いちど弁護士・司法書士事務所に相談してみましょう。

先生
今回の記事はいかがでしたか? 当サイトは、安心して債務整理をするための知識や経験を紹介しています。ぜひ、ほかの記事も読んでみてください。

「安心債務整理」のサイトマップはこちら

おすすめの弁護士・司法書士事務所3選

ここからは、上記の条件にあった事務所を3社ご紹介します。それぞれに特徴があり、対象となる方も違います。

かならず、あなたに最適な事務所が見つかりますので、じっくり読んでみてください。

借金の悩みは周囲に相談しにくいため、一人で考え込んでしまいますよね。

しかし、借金問題は一人で悩んでいても解決できません! 債務整理の専門家である、弁護士・司法書士に相談するのが近道です。

 第1位第2位第3位
はたの法務事務所【司法書士法人杉山事務所】

アストレックス司法書士事務所
費用20,000円より52,500円より50,000円より
主な特徴・40年以上の実績
・全国無料出張面談
・24時間・365日無料相談受付
・即日督促をストップ
・全国無料出張面談
・24時間・365日無料相談受付
・即日督促をストップ
・月間3,000件の相談実績
・無料で減額診断
・任意整理は全国対応
・ヤミ金にも強い
・24時間・365日無料相談受付
・分割払いに対応
メリット・初期相談無料
・着手金無料
・初期費用無料
・近くに事務所がない方でも安心
・匿名・無料で利用できる
・家族に内緒で手続き可能
・費用の分割払い可能
・借入先が1社でも相談できる
・初期相談無料
・着手金無料
・減額報酬なし
総合評価

第1位:【大阪】アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所の特徴

  1. 家族や友人にバレずに解決したい
  2. 今すぐ取り立てをストップしたい
  3. 24時間いつでも相談できる
  4. 報酬を分割で支払いたい

アストレックス司法書士事務所は、債務整理の実績が豊富で人気の事務所です。

相談者の気持ちを最優先に、自己破産しないための解決方法を提案してもらえます。

私が事務所に電話をしたときの対応は、誠実な人柄が伺えてとても良かったです。また、強引に契約させられることはありませんでしたので、じっくりと検討することができます。

こんな方におすすめ
  • 債務整理しようか迷っている
  • 家族に内緒で手続きしたい
  • 司法書士費用を抑えたい
  • 自己破産はしたくない

「アストレックス司法書士事務所」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

第2位:司法書士法人杉山事務所【全国7拠点】

杉山事務所トップページ

杉山事務所トップページ

司法書士法人杉山事務所の特徴

  1. 全国に7拠点をもち、無料出張面談が可能
  2. 月間3,000件の相談実績
  3. 相談しやすい料金
  4. 24時間いつでも相談できる

杉山事務所は、債務整理の専門家である認定司法書士が対応する、大阪に本拠地がある司法書士事務所です。

債務整理の経験が豊富であり、依頼者の気持ちに寄り添った対応で定評があります。仕事が忙しくてなかなか面談する時間がとれない方でも、メール相談で丁寧にアドバイスしてもらえます。

全国に7拠点があり、無料で出張面談にも来てもらえるので、お金がないなかでも安心して相談することができます。

実際に先生とお話ししましたが、とても誠実な対応で好感がもてました。また、闇金への対応に力を入れておられますので、とても頼もしい印象の先生でした。事務所スタッフ(男性)の方も、とても親切で好感がもてました。

こんな方におすすめ
  • 債務整理しようか迷っている
  • 家族に内緒で手続きしたい
  • 司法書士費用を抑えたい
  • 弁護士・司法書士事務所が近くにない

「司法書士法人杉山事務所」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

第3位:借金減額ゼミナール【全国対応】

借金解決ゼミナールTOPページ

借金解決ゼミナール

借金減額ゼミナールの特徴

  1. 匿名・無料で借金減額シミュレーションが使える
  2. 全国にある弁護士・司法書士事務所を選べる

「借金問題で悩んではいるけれど、債務整理は敷居が高く感じている」という方にピッタリなサービスが、借金減額ゼミナールの「スピード診断」です。

「スピード診断」は、公式サイトのアンケートに答えていくだけで、実際に借金が減額できるのかを知ることができます。

債務整理しようか迷っているという方は、まずはシミュレーションしてみるとよいでしょう。

一般的に、借金が減額できるかどうかを知るには、弁護士・司法書士事務所に依頼して、調査してもらう必要があります。調査はもちろん有料ですので、気軽に申し込むというわけにはいきませんよね……

しかし、借金減額ゼミナールの「スピード診断」を利用すれば、その場で借金が減額できるのかを知ることができるのです。しかも、匿名・無料で利用できますので、気兼なく利用できます。

「借金が減額できる」ということが分かれば、まずは「無料相談」を受けてみましょう。

全国にある弁護士・司法書士事務所から、あなたに合った事務所を選ぶことができます。しっかりと話しを聞いて、そのうえで正式に依頼するか判断してください。

こんな方におすすめ
  • 債務整理するか分からない
  • 借金が減額できるか知りたい
  • 自宅に近い事務所を選びたい

借金減額ゼミナールの「スピード診断」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

CTA


CTA

自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理の相談は、実績豊富な事務所を選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓