任意整理とは?任意整理の減額方法や手続きの流れを解説

任意整理とは、貸金業者と直接交渉し、月々の返済額や返済方法を合意した上で返済していく手続きです。債務整理の手続きの中で、最も利用されている手続きが任意整理です。

裁判所に申し立てる必要がないため、個人再生や自己破産ほど複雑な手続きはありません。弁護士・司法書士に依頼せず、本人が借入先と直接すれば、費用面でも安く抑えることができます。

しかし、実際に任意整理の手続きをすることは簡単ではありません。借入先との交渉は非常にストレスがかかるうえに、良い条件で合意するのはとても難しいからです。

また、場合によっては仕事を休んで借入先に出向き、話し合いを行う必要もあります。平日に休みが取れない方であれば、本人が手続きを行うことは実質的に不可能でしょう。

そもそも、返済が滞っていることで立場は逆転します。なかには、強硬な態度に出てくる業者も少なくありません。

そこで、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼するのです。専門家に依頼することでストレスもなく、手続きもスムーズに進めることができるからです。

任意整理の手続きのながれ

任意整理の一般的な手続きのながれをご紹介します。

債務整理の無料相談を受ける

まずは債務整理の無料相談を受けます。自治体や法テラスなどでも定期的に相談は開催していますが、インターネットの広告でも相談を受け付けている事務所が増えてきました。

まずは債務整理の無料相談を受けます。自治体や法テラスなどでも定期的に相談は開催していますが、インターネットの広告でも相談を受け付けている事務所が増えてきました。

このサイトでも、お勧めの事務所を紹介しておりますので参考にしてください。

弁護士または司法書士に依頼

無料相談を受けてみて、よかったら依頼することになるのですが、費用はいくらかかるのか見積もりをお願いしましょう。

手続きの方法や見積もり金額に納得がいき、先生との相性も良いと判断できたら、正式に依頼することになります。

弁護士又は司法書士から受任通知を送付

正式に新整理の契約が結ばれると、弁護士の先生から借り入れ先に対して「受任通知」と言う通知が発信されます。

受任通知とは、今後、弁護士が代理人となって対応すると言うことを借り入れ先に宣言することになります。

借り入れ先から取引履歴の開示が行われる

辞任通知には借り入れ状況を開示するよう求める意味合いもあります。借り入れ内容の開示がされることにより、借金の全体像を掴むことができます。

利息の引き直し計算を行い借り入れ額の全額を確定

現在は法律の改正により、利息が引き下げられました。このため、以前の高い利息で借り入れをしていたものについては、現在の計算し直して借りるの全体を確定する必要があります。

現在は法律の改正により、利息が引き下げられました。このため、以前の高い利息で借り入れをしていたものについては、現在の計算し直して借りるの全体を確定する必要があります。

これが利息の引き直し計算です。利息の引き直し計算の結果、差額となった利息分は「過払金」と分類され、借主に返還されることになります。

返済可能額を基準に返済計画を策定する

収入はいくらあるのかを基準にして、毎月いくらなら返済できるのかの計画を立てます。そして、この返済計画をもとに借入先に対して交渉に入ります。

借り入れ先との交渉と合意

借入先ための交渉の結果合意が得られたら、返済計画に基づいて返済する約束を結びます。

合意内容に基づき返済開始

借入先との合意した内容に基づいて、減額された借入金額での返済がはじまります。

相談する前に準備しておくべきこと

任意整理を検討しているなら、あらかじめ必要書類を準備しておくと良いでしょう。弁護士・司法書士に相談しても求められるため、事前に準備しておいた方が手続きがスムーズに進むからです。

任意整理をする上で最低限必要なのは、

  • 借金がいくらあるのか?
  • あなたの収入がいくらあるのか?

という情報です。

このうち、借金がいくらあるのかをまとめた表が「債権者一覧表」です。債権者一覧表を作ってみることで、借金の全体像を知ることができます。

また、借入先等への連絡は債権者一覧表に基づいておこなわれますので、相談後はいずれ必要となります。

債権者一覧表に記載する、借入先等に関する情報は以下のとおりです。実際には弁護士・司法書士と相談する際に精査されますので、思いつく限りまとめてみましょう。

  • 銀行等からの借り入れ
  • 住宅ローン
  • カーローン
  • ショッピングリボなどの借り入れ
  • 親戚や友人などからの借り入れ
  • 滞納している家賃
  • 電話料金等
  • 光熱費等
  • 保証人になっている場合の補償額

借入先に関する情報は、毎月送られてくる請求書等に記載されていますので、すべて抜き出してみてください。

ただし、返済が滞っている場合は、直近の明細書が送られてきてない可能性があります。

その場合は借入残高がいくらあるのか分かりませんが、調べられる範囲で構いませんのでまとめておきましょう。

借入開始が10年以上前なら過払い金が戻ることも

借入した日がが10年以上前であった場合、過払金が発生している可能性があります。法律の改正により、余分に払った利息分を取り戻せるようになったからです。

取り戻したお金で借金がゼロになることもありますし、借入額が大幅に圧縮されることもあります。以下の項目について、自分で調べることができれば準備しておきましょう。

  1. 借り入れ業者の名前
  2. 借り入れた金額
  3. 初めて借りたのはいつか?
  4. 完済日

調べてみて借入情報がわからなかった場合でも、相談することを諦めないでください。弁護士や司法書士に相談すれば、信用情報機関に問い合わせて借り入れ状況を調べてもらえるからです。

弁護士や司法書士は法律の専門家であるだけでなく、あなたの味方になってくれる大切なパートナーです。

借金について話すことは抵抗があると思いますが、先生を信頼して恥ずかしがらずにすべてを話しましょう。正直に話すことが、借金の悩みを最短で解決する入口となります。

事務所を選ぶにあたって、先生とのフィーリングが大切なのはそのためです。

「この先生なら大丈夫だ!」という事務所を選んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、任意整理の手続きについてご紹介しました。個人再生も自己破産についても、借入総額と収入については必ず聞かれますので、相談する前に準備しておくとスムーズです。

自分で調べてわからなくても、相談することをあきらめたりせず、まずは気軽に無料相談を受けてみてください。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓