債務整理とは?借金を減らす4つの手続きとおすすめ事務所3選

  • 毎月返済しているのに完済できない。
  • 苦しい生活がずっと続いている。
  • 収入が少なく返済が困難。
  • 借入先からの督促に困っている。

そんな方におすすめなのが、借金を減額したりゼロにしたりできる「債務整理」です。

債務整理には、「任意整理」「特定調停」「個人再生「自己破産」という4つの手続きがあり、生活状況や借入金額によって手続きが分かれます。

債務整理は弱い立場の人を救うために、国がつくった制度です。

そのため、債務整理をすれば安全かつ確実に、借金を減額(あるいはゼロに)することができるのです。

この記事では、借金を減らす4つの方法と、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。また、債務整理の手続きに強い事務所も紹介しますので、ぜひ検討して見てください。

借金を減らす具体的な方法

借金を減らすには、債務整理が安心・確実でおすすめです。債務整理は、借金に苦しむ人を救済する目的で、国がつくった強制力のある制度だからです。

債務整理には、大きく4つの方法があります。それぞれ利用できる条件がありますので、以下で詳しく解説していきます。

任意整理

任意整理は、弁護士・司法書士に依頼して借入先と直接交渉をする手続きです。裁判所を介さないため、短期間で解決を目指せるのが特徴です。

具体的には、借入先に借金の減額交渉をしたり、返済期間の延長を申し入れたりすることで、返済をラクにしようとする手続きです。

おもに将来利息(完済するまでに支払わなければいけない利息のこと)をカットして、返済の負担を減らします。

弁護士・司法書士に依頼せずに、本人が手続きすることもできますが、現実には難しいといえます。ほとんどの人が平日は働いているため、平日の昼間に借入先と交渉をすることなどできないからです。

費用はかかりますが、弁護士・司法書士に依頼したほうが負担が少なくおすすめです。

任意整理についてのさまざまな悩みについては、以下の記事も参考にしてください。

特定調停

特定調停とは、弁護士・司法書士に依頼せずに、本人と裁判所(調停委員)で借入先との交渉をおこなう手続きです。弁護士・司法書士費用がかからないため、負担は最小限に抑えることができます。

その反面、手続きにかかる書類の準備や、裁判所への出頭が必要であることから、平日に働いている方には不向きです。何度も仕事を休んで、裁判所に行くことは難しいですよね?

自営業の方などで時間がとれる方にはおすすめですが、サラリーマンの方には不向きな手続きであるといえます。

特定調停についてのさまざまな悩みについては、以下の記事も参考にしてください。

個人再生

個人再生は、「家は残したいけれど借金も大きく減らしたい」という方に向いている手続きです。個人再生の手続きをすれば、住宅ローンの支払いは継続しつつ、その他の借金を大幅に圧縮できるのです。

減額幅は定められており、5,000万円までの借入なら大きく圧縮できるのです。

たとえば300万円の借金があった場合、個人再生後は100万円を返済すればよいのです。家も残せるため、住宅ローンを支払っている方に魅力のある手続きです。

個人再生についてのさまざまな悩みについては、以下の記事も参考にしてください。

自己破産

自己破産は、免責(借金が返済不要になる裁判所の決定のこと)を受けられれば、借金が返済不要になります。どれだけ借金を抱えていても、免責さえ受けられれば返済が免除されるのです。

実際、わたしは450万円という借金を抱えていましたが、手続きを依頼して半年後には借金がゼロになったのです。免責後に得た収入までは没収されないため、生活を立て直すために貯蓄しておくこともできるのです。

しかし、家や車を手放さなければいけないため、よくよく考えて手続きしなければいけません。

自己破産についてのさまざまな悩みについては、以下の記事も参考にしてください。

債務整理のメリット・デメリット

債務整理には4つの方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。それぞれの特徴を理解したうえで、あなたの借入状況に合った方法を見つけることが大切です。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、借金の返済自体は継続するということです。将来利息をカットするため、借金の総額は小さくなります。

しかし、実際にはそれほど借金が圧縮されるわけではありません。以下の表をご覧ください。

 残債務その他費用支払総額
返済を続けた場合1,000,000円将来利息301,468円1,301,468円
任意整理した場合1,000,000円報酬129,200円1,129,200円
差額172,268円
司法書士に任意整理を依頼した場合

 

このように、任意整理は借金がそれほど小さくならないのが現実なのです。

また、任意整理をすればブラックリスト(金融事故者として、信用情報期間に一定期間記録される)に登録されます。

裁判所を利用しないためハードルは低く感じますが、ローンが組めないなど不便な一面もありますので注意が必要です。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、弁護士・司法書士費用を抑えられるという点です。また、比較的短期間で手続きを終えることができます。

特定調停のメリット・デメリット

この項では、特定調停のメリットとデメリットをご紹介します。

特定調停のデメリット

特定調停のデメリットは、手続きを自分でやらなければいけないということです。

特定調停で用意すべき書類はたくさんあります。書類を準備するために、市役所に何度も足を運ぶこともあります。

借入先や裁判所は、平日の昼間しか対応してもらえませんので、サラリーマンには難しい手続きであるといえます。

特定調停のメリット

特定調停のメリットは、圧倒的に「安く」手続きできるということです。弁護士・司法書士に支払う報酬が十数万円からであるのに対し、特定調停は数千円から数万円(裁判所によって異なります)で済みます。

自営業や主婦の方で、平日の昼間に裁判所に出向くことができる人であればおすすめの手続きです。

個人再生のメリット・デメリット

この項では、個人再生のメリットとデメリットをご紹介します。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットは、「借金がなくなるわけではない」ということです。また、弁護士・司法書士費用が高額傾向であることも特徴です。

 住宅ローン特例あり(円)住宅ローン特例なし(円)備考
ホームワン280,000380,000東京弁護士会所属
イストワール法律事務所460,000370,000第二東京弁護士会所属
アストレックス司法書士事務所380,000330,000大阪司法書士会所属
※司法書士事務所につき、書類作成のみ

 

任意整理に比べて減額幅は大きいのですが、手続き後も継続的に返済していく必要があるため注意が必要です。

個人再生のメリット

個人再生のメリットは「家を残せる」ということです。具体的には、いま住んでいる自宅を手放さずに、その他の借金を圧縮することができます。

また、住宅ローンを組み直すこともでき、月々の負担を減らすことができるのです。

たとえば、住宅ローンの返済が毎月5万円であり、完済するのに30年かかるとした場合、月々の支払いを小さくして、返済期間を再設定することもできるのです。

住宅ローンの支払い中で、その他の借金が大きい方には有効な手続きといえます。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産というとイメージがよくありませんよね。実際には、デメリットはあるものの、メリットが大きいのも特徴です。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットは、手続き開始から10年間は新たな借入ができなくなるということです。住宅ローンやカーローンは、一定期間組めなくなるため注意が必要です。

また、クレジットカードの使用ができなくなったり、新しいカードが作れなくなったりするなど不便な一面もあります。

自己破産のメリット

一方でメリットが大きいのも自己破産の特徴です。それは、どれだけ借金を抱えていても、自己破産することで返済不要になるということです。

苦しい返済を続けていては、心だけでなく身体も壊してしまいます。いよいよ返済に行き詰まってからでは遅いため、早めに弁護士・司法書士の先生に相談してください。

債務整理体験者の声

債務整理が効果的であることはわかっても、実際にどのような効果があるのかは分かりませんよね? この項では、それぞれの手続きで借金がどのようになるのかについて解説します。

任意整理で借金230万円減額14ヶ月で完済

サラリーマンのAさんは、サラ金5社から275万円を借りていました。毎月の返済額は11万円にもなっていたのです。

手取りの収入は22万円。

住宅ローンの支払いが7万円、カーローンの支払いや維持費で10万円もかかっていたのです。Aさんが収入の範囲内で返済できる金額は、4万円ほどしかありませんでした。

司法書士に任意整理を依頼し、利息を計算し直してもらった結果、借金の残額は48万円まで減額したのです。

このケースでは、サラ金各社の金利が高かったため、引き直し計算(法定利率で計算し、差額を返還請求すること)で、大きく減額することができたのです。

借金をしている期間が長期間である場合、引き戻し計算によって大幅な減額ができる場合があります。

マイホームを守りながら個人再生で借金整理

Bさんは、住宅ローンで新築の家を建てました。ローンを組んだ当初は問題なかったのですが、勤務先の業績悪化により給料が大幅に減額されてしまったのです。

そこで、サラ金各社からお金を借りて、住宅ローンの返済にあてていたのです。その結果、いよいよ支払いができなくなり、司法書士に相談することになりました。

「マイホームは手放したくない」

最終的に450万円まで膨れ上がった借金は、個人再生によって100万円まで圧縮されたのです。その後は毎月28,000円ほどを返済し、3年後には完済することができました。

Bさんのように、住宅ローンの返済で苦しむ人はたくさんいます。せっかく手に入れたマイホームですから、簡単には手放せませんよね? このようなケースでは、個人再生がおすすめの手続きといえます。

450万円の借金が自己破産でゼロに

わたしは自己破産して二年を迎えますが、借金がゼロになり生活が本当に楽になりました。手続きする前の生活は、給料が入ってもほとんど借金の返済に充てなければなりませんでした。

たまの休日に家族と外食するお金すらなく、とても辛い想いをさせていたと思います。

本当はとても怖かったです。

しかし、自己破産後の今では、少ないながらも貯蓄できるほどに生活に余裕が生まれました。

自己破産していなければ、いまでも減らない借金を返し続けていたでしょう。苦しい時を乗り越えたことで家族との絆も強くなり、自己破産して本当に良かったと思っています。

債務整理に失敗しない事務所選びのコツとは?

さあ、いよいよ債務整理を依頼する事務所選びです。

債務整理は法律効果によって借金を強制的に減額(免除)する手続きですから、債務整理に精通した事務所を選ぶ必要があります。

ところが、弁護士・司法書士事務所は全国に山ほどあり、何を基準に選べばよいのかわかりにくいというのが現実です。

適当に近場の事務所に相談したために、あとで後悔するケースも少なくありません。

私も初めて相談した事務所は、対応があまりにも冷たくて驚きました。こっちは借金のことで悩んでおり、勇気を振りしぼって相談したというのに……とてもショックでした。

最初の事務所でつまづいたため、つぎに相談しようと踏み出すのに随分と時間がかかりました。「また、冷たくされたらどうしよう…」という不安があったからです。

でも、債務整理は専門家である弁護士や司法書士に依頼するしかありません。なので、勇気をふりしぼって相談する必要があります。

私は結局、公的機関である「法テラス」を利用して、弁護士事務所を紹介してもらいました。

わたし
でも、法テラスは収入制限があると聞きました。

だから、誰でも利用できるというわけじゃないんですよね?

実際、法テラスの制度を利用するには条件があります。

条件に該当しなければ、法テラスから弁護士・司法書士事務所を紹介してもらうことはできません。

つまり、法テラスが利用できない場合は自分で相談先事務所を探すしかないのです。

そこで、当記事では筆者がおすすめする事務所を3社ご紹介します。以下をご覧ください。

おすすめの弁護士・司法書士事務所3選

ここからは、上記の条件にあった事務所を3社ご紹介します。それぞれに特徴があり、対象となる方も違います。

かならず、あなたに最適な事務所が見つかりますので、じっくり読んでみてください。

借金の悩みは周囲に相談しにくいため、一人で考え込んでしまいますよね。

しかし、借金問題は一人で悩んでいても解決できません! 債務整理の専門家である、弁護士・司法書士に相談するのが近道です。

 第1位第2位第3位
アストレックス司法書士事務所【司法書士法人杉山事務所】

借金減額ゼミナール
費用50,000円より52,500円より事務所ごとに異なる
主な特徴・無料で減額診断
・任意整理は全国対応
・ヤミ金にも強い
・24時間・365日無料相談受付
・分割払いに対応
・全国無料出張面談
・24時間・365日無料相談受付
・即日督促をストップ
・月間3,000件の相談実績
・匿名・無料の診断サービス
・24時間・365日無料相談受付
・全国対応(自己選択式)
メリット・初期相談無料
・着手金無料
・減額報酬なし
・近くに事務所がない方でも安心
・匿名・無料で利用できる
・家族に内緒で手続き可能
・費用の分割払い可能
・借入先が1社でも相談できる
・気軽に診断ツールが利用可能
・匿名・無料で利用できる
・全国にある事務所から選べる
総合評価

第1位:【大阪】アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所の特徴

  1. 家族や友人にバレずに解決したい
  2. 今すぐ取り立てをストップしたい
  3. 24時間いつでも相談できる
  4. 報酬を分割で支払いたい

アストレックス司法書士事務所は、債務整理の実績が豊富で人気の事務所です。

相談者の気持ちを最優先に、自己破産しないための解決方法を提案してもらえます。

私が事務所に電話をしたときの対応は、誠実な人柄が伺えてとても良かったです。また、強引に契約させられることはありませんでしたので、じっくりと検討することができます。

こんな方におすすめ
  • 債務整理しようか迷っている
  • 家族に内緒で手続きしたい
  • 司法書士費用を抑えたい
  • 自己破産はしたくない

「アストレックス司法書士事務所」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

第2位:司法書士法人杉山事務所【全国7拠点】

杉山事務所トップページ

杉山事務所トップページ

司法書士法人杉山事務所の特徴

  1. 全国に7拠点をもち、無料出張面談が可能
  2. 月間3,000件の相談実績
  3. 相談しやすい料金
  4. 24時間いつでも相談できる

杉山事務所は、債務整理の専門家である認定司法書士が対応する、大阪に本拠地がある司法書士事務所です。

債務整理の経験が豊富であり、依頼者の気持ちに寄り添った対応で定評があります。仕事が忙しくてなかなか面談する時間がとれない方でも、メール相談で丁寧にアドバイスしてもらえます。

全国に7拠点があり、無料で出張面談にも来てもらえるので、お金がないなかでも安心して相談することができます。

実際に先生とお話ししましたが、とても誠実な対応で好感がもてました。また、闇金への対応に力を入れておられますので、とても頼もしい印象の先生でした。事務所スタッフ(男性)の方も、とても親切で好感がもてました。

こんな方におすすめ
  • 債務整理しようか迷っている
  • 家族に内緒で手続きしたい
  • 司法書士費用を抑えたい
  • 弁護士・司法書士事務所が近くにない

「司法書士法人杉山事務所」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

第3位:借金減額ゼミナール【全国対応】

借金解決ゼミナールTOPページ

借金解決ゼミナール

借金減額ゼミナールの特徴

  1. 匿名・無料で借金減額シミュレーションが使える
  2. 全国にある弁護士・司法書士事務所を選べる

「借金問題で悩んではいるけれど、債務整理は敷居が高く感じている」という方にピッタリなサービスが、借金減額ゼミナールの「スピード診断」です。

「スピード診断」は、公式サイトのアンケートに答えていくだけで、実際に借金が減額できるのかを知ることができます。

債務整理しようか迷っているという方は、まずはシミュレーションしてみるとよいでしょう。

一般的に、借金が減額できるかどうかを知るには、弁護士・司法書士事務所に依頼して、調査してもらう必要があります。調査はもちろん有料ですので、気軽に申し込むというわけにはいきませんよね……

しかし、借金減額ゼミナールの「スピード診断」を利用すれば、その場で借金が減額できるのかを知ることができるのです。しかも、匿名・無料で利用できますので、気兼なく利用できます。

「借金が減額できる」ということが分かれば、まずは「無料相談」を受けてみましょう。

全国にある弁護士・司法書士事務所から、あなたに合った事務所を選ぶことができます。しっかりと話しを聞いて、そのうえで正式に依頼するか判断してください。

こんな方におすすめ
  • 債務整理するか分からない
  • 借金が減額できるか知りたい
  • 自宅に近い事務所を選びたい

借金減額ゼミナールの「スピード診断」の詳しい内容については、下記の詳細ページをご覧ください。

まとめ

債務整理を依頼する場合、弁護士(司法書士)事務所選びは、費用だけでなく、経験や実績を一番に考えなければいけません。

債務整理に強い事務所を選べば、あなた自身の負担を最小限に抑えながら、借金の悩みを解決することができます。

私は、債務整理(自己破産)して人生が180度好転しました。家族の笑顔も増え、仕事にも全力で打ち込めるようになったからです。

債務整理は決して怖いものではありません。あなたが一日も早く生活を立て直し、再スタートできることを願っています。

追記。

正直な話、今すぐ債務整理した方がいいです。

時間が経てば訴訟リスクが高まりますし、余計な出費が増えるだけだからです。

今日が自由を手にする最短の日です。

信頼できる事務所に相談して、最短で安心を手に入れましょう!

CTA


CTA

自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理の相談は、実績豊富な事務所を選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓