任意整理したけど車が欲しい!分割払いで車を手に入れる方法とは?

車をローンで購入したいと思ったとき、審査で落とされてしまうのが任意整理のデメリットです。これは、住宅ローンを組む際の審査でも同じような結果となります。

それでは、任意整理後に車を手に入れることはできないのでしょうか。

そこで今回は、任意整理後に車を購入する方法と、その他の注意点について解説していきます。

車購入ローンが審査で落とされる任意整理のデメリット

車を購入する際にローンの審査で落とされてしまうのは、任意整理の情報がバレてしまうからです。

任意整理をすると、金融事故(任意整理したこと)の情報が、金融期間で共有されてしまうからです。

これが、いわゆるブラックリストに登録されるといいます。その結果、一定期間は自動車ローンを組むことができなくなるのです。

考えてみれば当然のことです。車は高額な商品であるため、多くの人がローンを組んで購入します。

しかし、購入後に再び債務整理されてしまったら、損害を受けるのはローン会社ですよね。そのようなリスクがあるため、過去に金融事故を起こした顧客に対しては、簡単に貸付をおこなわないのです。

任意整理後の5年間は事故情報として残る

任意整理後の5年間は、自動車ローンは組めないと考えてください。信用情報機関によって、事故情報(任意整理をしたこと)が共有されているからです。

実際には、任意整理後の返済期間を含めれば8年間は自動車ローンを組めないということになります。

借入が制限される期間については、どの債務整理方法を利用するのかで違いがあります。具体的には、以下の表にあるとおり、制限される期間が異なるため参考にしてください。

 自己破産個人再生任意整理
借金がゼロになる◯(免責決定の場合)
ブラックリストにのる
ブラックリスト
保存期間
免責決定から10年完済してから5年完済してから5年
家を残せる△(条件あり)
車を残せる△(条件あり)△(条件あり)
借金総額
200万円以上
家族への影響なし(条件あり)なし(条件あり)なし(条件あり)
仕事への影響なし(条件あり)なしなし
転職への影響なしなしなし
結婚への影響なしなしなし
戸籍への影響なしなしなし
選挙権への影響なしなしなし
パスポートの発行
年金への影響なしなしなし

ただ、実際には借入する人によって違いがあります。たとえば、任意整理後に資産状況が良くなれば、借入制限の期間も短くなる可能性があるからです。

ブラックリスト抹消後も任意整理した会社からは借りられない

いちど任意整理をすると、同じ金融機関から借りることができなくなります。これを「社内ブラック」とよびます。ブラックリストによる制限期間が終了してからも、借入が制限される期間が続くのです。

任意整理で損をするのは金融機関です。そのため、いちど金融事故を起こした人には、貸し出さないというのが一般的な考え方といえます。

その場合、違う銀行や信用組合での借入を検討しましょう。すでに事故情報は消えているため、新しい借入先であれば問題なく借りることができるからです。

任意整理後でも自動車ローンで購入可能な方法

任意整理をすると、しばらくは自動車ローンが組めないことがわかりました。

しかし、車がすでに古く、購入せざるを得ない場合もあります。いつ壊れるかわからないため、制限期間より早く車を買い換える必要もあるでしょう。

しかし、自動車ローンが組めないとなれば車を手に入れることができなくなりますよね。

そこでこの項では、任意整理後でも車を手に入れる方法をご紹介します。

配偶者や親名義でローンを通す

配偶者や家族名義でローンを組めば、ローンで車を手に入れることができます。契約者は配偶者や家族名義とし、返済にあてるお金は、あなたが用意するということです。この方法であれば、任意整理後であっても車を手に入れることができます。

たとえば、わたしは自己破産していますので、自分がローンの契約者になることはできません。そのため、妻の名義で契約し、実際に支払うお金は用意することにしました。

ただし、この方法は妻の収入が安定している必要があります。つまり、同じ勤務先で一年以上は継続して働いていることが必要となるのです。

たとえばパートで週3日・数時間程度の勤務ですと、自動車ローンを組むのは難しいです。毎月、確実に返済できる保証はないからです。可能性はゼロではありませんので、お店で相談してみるとよいでしょう。

本人が高収入なら審査が通りやすい

任意整理後に転職するケースは少なくありません。実際、わたしも自己破産後に転職しましたが、前職より僅かですが給料が上がりました。なかには、かなり好条件の仕事に巡り会うという場合も少なくありません。その結果、借入制限が緩和される場合もあるのです。

給料が上がったことはわかっているけれど、ローンが組めるかどうかはわかりません。それを確認するには、金融機関の担当者と直接話してみることをおすすめします。これが、ディーラー担当者ですと話しが上手くいきません。信用情報機関には、「事故者」として登録されているからです。

お金の貸し借りは信用で成り立っています。

そのため、貸す側としては慎重に見極める必要があるのです。収入が高いからという理由で貸し出したら、じつは支出が多かったという場合もありますよね。そのため、お金を貸す側としては数ヶ月から一年程度の収支を踏まえて、貸し出すかどうか検証するのです。

任意整理後の転職で収入がアップしたという場合には、貸付制限が解除されるより前に借りられる可能性もあります。こちらに関しても、金融機関の担当者と直接お話しするようにしましょう。

信頼度の高い保証人をつける

この方法は、任意整理した本人が未成年または、就職して数年程度である場合には有効です。つまり、保証人として自分の親をつけるということになります。

もちろん、親の収入が安定しており、かつ平均より高い給料を得ていなければいけません。

たとえば、父親の年収が50代で年収300万円の場合と、600万の場合では、保証人としての信頼度が違います。もちろん、ゴルフに散財しているような浪費癖がないことは前提ですが……

任意整理した本人が若いということが条件となりますが、親など家族で高収入の方が保証人となれば、審査が通る場合もあります

車のローン審査が通らない場合の対応

配偶者や家族名義でローンを組めない。高収入で信頼できる人の保証が得られない場合には、車の購入を諦めるしかないのでしょうか。

残念ながら、上記の2つに当てはまらない場合は、ローンを組むことは難しいです。

しかし、通勤や買い物のために車が必要である場合は困りますよね。

そこでこの項では、自動車ローンの審査が通らなかった場合の対応についてお伝えします。

任意整理後でも完済していれば審査に通る

任意整理後は、約3年で完済を目指します。つまり、ブラックリストに登録されていても、借金をすべて返済している場合には、自動車ローンが組める可能性がゼロではないのです。

もちろん、現在の収入や支出の状況が適切であるということが前提ですが、いちど、金融機関の担当者に直接聞いてみるとよいでしょう。

自社ローンであれば中古車の購入は可能

自社ローンとは、自動車販売店独自の分割払いのことをいいます。金融機関やローン会社とちがって、金利がかからないのが特徴です。

一般的な中古車販売店ですと、12~20回で支払える金額なら借りることができます。安い中古車なら十分に狙える金額ですよね。ただ、頭金は先に支払う必要がありますので注意が必要です。

支払回数が少ないため、借入できる金額にも限度があります。したがって、好みの車を購入するのは難しいでしょう。また、保証人をたてる必要があるというのもわずらわしい点ではあります。

しかし、いまどきの中古車は簡単には壊れません。私が以前購入した軽自動車は、購入時にすでに7万キロ走っていました。

しかし、その状態から、さらに10万キロ以上も走ることができたのです。

たとえば、200万円の車を購入する場合、自社ローンで20回払いですと、毎月の返済は10万円になります。いかがでしょうか。少し無理があるとは思いませんか?

とりあえず、安くても車があれば、仕事や買い物に行くこともできます。次に購入するまでの期間を貯金にあてれば、つぎに買い換える際の頭金にもなります。

次回はブラックリスト登録者ではありませんので、以前の借入先と違う金融期間でローンを組めば、好きな車を購入できます。

新たなカーローンを組むには信用情報回復まで待つ

普段、車を使う機会がないという方は、信用情報が解禁されるまで待つことをおすすめします。裏技的な方法ではありませんが、事故者登録情報が削除されるのを待ちながら、つぎに買いたい車のカタログを眺めてみるのもよいでしょう。

私の経験ですが、現金払いが中心になると、無駄遣いをしなくなりました。やはり、財布から紙幣が消えていく感覚は、そのまま節約思考に結びつくのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

車を購入するにはカーローンを利用するのが一般的です。そのため、任意整理後にローンの審査に通らないということは、不便で仕方ないと感じるでしょう。

しかし、借入ができない期間は意外と短く感じます。実際、私も自己破産から4年になりますが、「もう、4年たったのか」というのが実際の感覚です。

車を購入する場合、ローンを利用するのが普通であると考えがちですが、これを機会にお金についての考え方を、改めてみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓