債務整理の弁護士・司法書士費用は分割払いが一般的!お金がなくても手続き可能

わたし

債務整理したいと思ってるんですが、手持ちのお金が足りないんですよね……

費用がそれなりにかかるから、なかなか踏み切れないんだよなぁ。

分割で後払いとか対応してもらえないのかなぁ……。

先生
大丈夫ですよ!

債務整理にかかる費用は、分割による後払いや法テラスの制度を利用した支払い方法もあります。

お金の心配はあると思いますが、このまま放置しておく方がもっと危険です。

債務整理にかかる費用は、各事務所ごとに分割後払いや法テラスの補助制度が利用できます。

しかし、「手持ちのお金が足りない」という理由で、手続きを諦める方が多いのも事実。

そこでこの記事では、「お金がなくても」債務整理が可能となる、分割払いについて詳しくお伝えします。

分割払いが可能な費用とは?

債務整理の手続きにかかる費用は、分割払いすることができます。

各事務所で異なりますが、おおむね半年程度をかけて支払っていくイメージです。たとえば費用が12万円かかるのであれば、毎月2万円を半年間支払います。

実際のところ、お金がないから債務整理するわけです。まとまったお金を用意できない方がほとんどでしょう。そのような状況から考えても、分割払いができることは有難いですよね。

まずは、債務整理費用のうち、分割後払いが可能な費用についてお話しします。

弁護士・司法書士への報酬

弁護士・司法書士への報酬は、分割払いの対象となります。

債務整理にかかる費用は、各事務所ごとに設定されています。弁護士会・司法書士会で一応の報酬基準額の目安は決まっていますが、この条件を満たせば、自由に設定できるのです。

弁護士会・司法書士会の会則で定められている料金の目安は以下のとおりです。

報酬額の内訳(料金はすべて税別)弁護士司法書士
着手金(受任時に受領する料金)上限規制はなし規定なし
定額報酬規定なし債権者一人あたり5万円以内
解決報酬一社あたり2万円以下が原則規定なし
減額報酬減額分の10%以下減額分の10%以下
過払金返還報酬・訴訟によらない場合→回収額の20%以下
・訴訟による場合→回収額の25%以下
・訴訟によらない場合→回収額の20%以下
・訴訟による場合→回収額の25%以下
手数料実費実費

(日本弁護士連合会・日本司法書士会連合会のホームページより一部引用)

以下では、代表的な事務所の料金をまとめました。詳しい料金の明細については、各事務所の公式ページをご覧ください。

料金は事務所ごとに違いがありますので、無料相談の際に聞いてみてもよいでしょう。

分割払い開始までの流れ

多くの事務所では、おおむね半年程度の分割払いに応じています。いちどに十数万円を支払うのは難しいですが、分割払いができるなら債務整理した方が良い場合もあります。

給料が入っても、ほとんど支払いで消えてしまうような状態であれば、債務整理するだけで生活が一気にラクになります。

債務整理をすると、借入先からの請求がストップします。そして、これまで返済に充てていたお金を弁護士・司法書士への支払いに充てるのです。

たとえば、毎月5万円を返済していた方が、債務整理で3万円の返済に減額された場合は、以下のような流れで支払うことになります。

減額後の返済例(報酬額12万円の場合)

  1. これまで、毎月5万円ずつ返済していた
  2. 債務整理により請求がストップ(返済がストップ)
  3. 毎月3万円を4か月積み立てる(これが弁護士費用にあてられる)
  4. 減額後の返済額3万円を毎月返済(三年程度をかけて、完済を目指します)
わたし
毎月5万円の返済はキツイなぁ……。

先生
任意整理なら、月々の負担を軽くできますよ。

報酬の支払いも分割払いに対応していますから、安心してご相談ください。

わたし
でも、分割で支払うお金がないんですよね……

先生
私たちに相談して頂ければ、いま返済されている5万円の支払いはストップします。

そこで、まずは報酬額を毎月積み立てていただき、報酬の支払いが終わった段階から、減額後の返済を開始するように借入先と交渉します。

わたし
なるほど! いま返済中の5万円から報酬を支払えば、債務整理の費用が捻出できますね!

このように、「お金がないから、債務整理できない」という心配は無用です。信頼できる事務所であれば、相談者の生活状況を考えて、柔軟に対応してもらえるはずです。

弁護士・司法書士に相談すること自体、とてもハードルが高く感じると思います。

しかし、少しの勇気をもって相談してみれば、「もっと早く相談すればよかった!」と、必ず思うはずです。

減額幅が小さい「任意整理」であっても、生活状況は驚くほど改善しますので、ぜひ、気軽に相談して見てください。

分割後払いで気をつけたいこと

弁護士や司法書士のなかには、費用が明確でないままに任意整理の手続きを進める人もいます。

悪質な事務所の場合、手続き完了後に高額な報酬を請求するといった事例もあるようです。

ただでさえ借金で困っているのに、高額な報酬を請求されては本末転倒です。

そのため、どのような支払い方法があるのかを、あらかじめ聞いておきましょう。柔軟に対応してもらえないなら、他の事務所に相談してみるのもアリです。

分割払いの可否を事前に確認する

代理人の報酬は、委任契約するまえに、「分割払い」や「後払い」ができるのかを確認しておきましましょう。対応してもらえない事務所の場合、断るという勇気も必要です。

そもそも、月々の返済が苦しいからこそ任意整理をしたはずです。負担が大きくなるような支払い方法は、最初から選ぶべきではありません。

分割後払いができるかどうか、必ず確認するよう気をつけてください。

見積書を作ってもらいトラブルを防ぐ

ほとんどの弁護士・司法書士事務所では、会則を基準にした報酬額を請求します。

しかし、その料金設定はあいまいであるため、相談する側にはわかりにくい部分もあります。

そこで、委任契約するまえに見積書をとることをおすすめします。

そもそも、きちんとした事務所であれば、料金は明確に提示するはずです。知らずに損しないように、こちらから見積書の発行を依頼しましょう。

法テラスの立替制度を利用する

法テラスでは、弁護士・司法書士に支払う報酬額を立替払いしてもらえる制度があります。

法テラスの立替制度を利用するには、収入条件や資産状況について審査がおこなわれます。立替制度は、収入が低く、資産が少ない方を対象とした制度であるため、収入が高い人は利用するのが難しいかもしれません。

立替制度の申請は、弁護士・司法書士さんを通じて、法テラスに申請することになります。「法テラスの立替制度を利用したい」と伝えれば、登録している事務所なら対応してもらえるはずです。

わたしの場合、弁護士の先生がすべて代行してくださいました。初回の相談が3回は無料になりますので、面談の都度、書類を書きました。

信頼できる事務所との信頼関係構築法

弁護士や司法書士が法律の専門家であるとはいえ、すべて「丸投げ」では、決してよい関係は生まれません。「助けてあげたい」と思ってもらえるように、恥ずかしいことでも隠さずに話すべきです。

結局のところ、代理人との関係がよければ、債務整理の手続きも順調にすすみます。

私の場合、ビジネスの失敗や詐欺にあったことなど、本当は話したくないようなことも全部話しました。家族のためにも、どうしても借金問題を解決したかったからです。

しかし、自分の胸の内を洗いざらい話すことで、関係が親密になったと感じました。

その弁護士さんのおかげで、私は自己破産で借金を免責してもらうことができたのです。

費用の分割払いをお願いするにあたっても、弁護士・司法書士との関係が良好であることが一番です。

「料金を支払うから、あとは弁護士・司法書士にお任せ」というスタンスではなく、分割払いを了承してもらえたことを感謝して、書類の準備など積極的に協力する姿勢が大切だと思います。

弁護士・司法書士の先生と一緒になって、借金を減額(免責)するための方法を考えていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

これまでお伝えしてきた通り、債務整理にかかる費用は後払いすることができます。

それぞれの弁護士や司法書士では、あなたが無理なく支払えるプランを用意しています。そのため、「お金がない」状態であっても、法律サービスを受けることができるのです。

借金問題は、一人で悩んでいては何も解決しません。

もし、借金がストレスになり毎日が不安で仕方ないなら、できるだけ早く弁護士・司法書士に相談されることをおすすめします。

それだけでも、十分に気持ちがラクになるからです。

費用のことは何とかなりますので、まずは無料相談を受けて見ましょう。借金問題は、先送りするほどリスクを大きくするだけだからです。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓