自己破産後は「ふるさと納税」でかしこく節税生活がおすすめ

自己破産後の生活は制限が多くなり、とても不安に感じている方は多いでしょう。

たしかに、家や車が没収されれば生活しにくくなりますが、一方では借金がなくなるというメリットもあるわけです。

宝くじを当てて一攫千金でもない限り、すぐに資産を増やすことは難しいですが、無駄な出費をおさえることはできます。

収入を増やすことだけに目が行きがちですが、出費をおさえることの方が簡単・確実に資産構築が図れるのです。

とは言っても、生活レベルを落とすのは至難の業です。

サラリーマンでも確定申告をすれば医療費の一部が戻ってくると言われても、何も手続きせずに税金を多く払っている方が大半ではないでしょうか?

わたし
面倒な手続きをするくらいなら、少しくらい税金を多く払っても仕方ない。

そもそも、お金が戻ってくることすら知らない方もおおぜいいらっしゃいます。

たしかに、医療費の控除手続きは面倒に感じます。領収証を保存しておかなければいけませんし、申請書も慣れていなければ何を書けばよういのかわかりません。

結局、わたしも何度か書いてみようと思いましたが未だに手続きしていません……。

そこで今回は、そんな面倒くさがりな私でも最高だと感じた、「ふるさと納税」についてご紹介したいと思います。

ふるさと納税は節税手続きの一つですが、ネットでおこなえる極めて簡単な手続きですので、ぜひ皆さんもチャレンジしてください。

ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」とは、自分が住んでいる地域以外の自治体に対して寄附をおこなうことができる制度です。

納税額は収入に応じて上限が定められています。具体的な金額については、総務省のホームページをご覧ください。

総務省:ふるさと納税額の目安

納税額のうち、2,000円以上の部分についてが控除対象となります。たとえば、寄付額が20,000円であれば、2,000円を除いた18,000円が控除の対象となるのです。

控除対象となるのは所得税と住民税であり、それぞれから控除を受けるためには確定申告をしなければいけません。

でも、確定申告しなければいけないとなると面倒ですよね……。

しかし、平成27年4月から始まった「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用すれば、手軽に納税をおこなうことができるのです。

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、確定申告をしなくても税金が控除される手続きです。

納税の対象となる自治体は5団体までとされており、もし5団体以上の自治体に寄附をおこなった場合は確定申告が必要となります。

控除の対象となるのは、納税した翌年の住民税です。

手続きのながれ

ふるさと納税ワンストップ特例制度の手続きは、具体的には以下のながれでおこなわれます。

  1. 納税先の自治体に対して、納税と同時にワンストップ特例申請書を提出(個人番号や免許証のコピーも添付)
  2. 納税先の自治体からあなたが住んでいる自治体に連絡が入る
  3. 翌年の住民税から控除

手続きは以上です。とても簡単ですよね!

ワンストップ納税申請書

ワンストップ納税申請書の記入例

ワンストップ納税申請書の送付先

ワンストップ納税申請書の送付先

実際の手続きについては、納税先の自治体によって違いがありますので、不明な点があれば問い合わせてみましょう。

ふるさと納税をするメリット

ふるさと納税の醍醐味といえば、やっぱり「返礼品」ですよね! 納税してもらったお礼として、各自治体が特産品などの返礼品を用意しているのです。

ふるさと納税そのもののメリットも大きいのですが、さらに納税先の産品がもらえるのは魅力的です。

各自治体の「ふるさと納税コーナー」を通じて手続きをおこなったり、自治体のサイト上で寄附手続きや返礼品を選んだりすることができます。

しかし、自治体の「ふるさと納税コーナー」を一つずつチェックするのは面倒ですよね……。

そこで、ふるさと納税をまとめたサイトを利用するのが一般的です。有名どころといえば「さとふる」が返礼品の種類も豊富でおすすめです。

返礼品の内容はさまざまであり、じっくりとギフトを選ぶような感覚で節税することができます。お中元やお歳暮用として、返礼品を利用するのもよいでしょう。

地方では人口減少に歯止めがかかりません。働き手が少なければ納税額も落ち込みますので、ふるさと納税という制度はしばらく続くのではないかと思います。

収入が多い人ほど納税額の上限も高いため、少し不平等に感じるかもしれませんが、節税効果は確実にあるので、ぜひ取り組んでみてください。

まとめ:自己破産後は節税でお金を残す

いかがでしたか?

自己破産して生活にゆとりができたら、ぜひ「ふるさと納税」に取り組んでみてください。

少しめんどうに感じるかもしれませんが、魅力的な「返礼品」もあるので、楽しく節税することができます。

収入を増やすのは簡単ではありませんが、ふるさと納税はとても手軽な節税対策ですので、ぜひチャレンジして見てください。

債務整理は終わりではなく始まり

債務整理は自分一人ですることもできますが、借入先との交渉や裁判所への出頭、膨大な書類の準備など、仕事をしながら手続きに奔走する時間などありません。

債務整理はプロに頼むのが一番です。自分だけで手続きしようと思っても、法律知識がモロについてきますし、そもそも仕事をしていれば時間もありません。

ブラックリストの期間にも影響しますので、できるだけ早く手続きを終えた方がよいでしょう。

自己破産後の生活は制限が多くなり、とても不安に感じている方は多いでしょう。

たしかに、家や車が没収されれば生活しにくくなりますが、一方では借金がなくなるというメリットもあるわけです。

宝くじを当てて一攫千金でもない限り、すぐに資産を増やすことは難しいですが、無駄な出費をおさえることはできます。

収入を増やすことだけに目が行きがちですが、出費をおさえることの方が簡単・確実に資産構築が図れるのです。

とは言っても、生活レベルを落とすのは至難の業です。

サラリーマンでも確定申告をすれば医療費の一部が戻ってくると言われても、何も手続きせずに税金を多く払っている方が大半ではないでしょうか?

わたし
面倒な手続きをするくらいなら、少しくらい税金を多く払っても仕方ない。

そもそも、お金が戻ってくることすら知らない方もおおぜいいらっしゃいます。

たしかに、医療費の控除手続きは面倒に感じます。領収証を保存しておかなければいけませんし、申請書も慣れていなければ何を書けばよういのかわかりません。

結局、わたしも何度か書いてみようと思いましたが未だに手続きしていません……。

そこで今回は、そんな面倒くさがりな私でも最高だと感じた、「ふるさと納税」についてご紹介したいと思います。

ふるさと納税は節税手続きの一つですが、ネットでおこなえる極めて簡単な手続きですので、ぜひ皆さんもチャレンジしてください。

ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」とは、自分が住んでいる地域以外の自治体に対して寄附をおこなうことができる制度です。

納税額は収入に応じて上限が定められています。具体的な金額については、総務省のホームページをご覧ください。

総務省:ふるさと納税額の目安

納税額のうち、2,000円以上の部分についてが控除対象となります。たとえば、寄付額が20,000円であれば、2,000円を除いた18,000円が控除の対象となるのです。

控除対象となるのは所得税と住民税であり、それぞれから控除を受けるためには確定申告をしなければいけません。

でも、確定申告しなければいけないとなると面倒ですよね……。

しかし、平成27年4月から始まった「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用すれば、手軽に納税をおこなうことができるのです。

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、確定申告をしなくても税金が控除される手続きです。

納税の対象となる自治体は5団体までとされており、もし5団体以上の自治体に寄附をおこなった場合は確定申告が必要となります。

控除の対象となるのは、納税した翌年の住民税です。

手続きのながれ

ふるさと納税ワンストップ特例制度の手続きは、具体的には以下のながれでおこなわれます。

  1. 納税先の自治体に対して、納税と同時にワンストップ特例申請書を提出(個人番号や免許証のコピーも添付)
  2. 納税先の自治体からあなたが住んでいる自治体に連絡が入る
  3. 翌年の住民税から控除

手続きは以上です。とても簡単ですよね!

ワンストップ納税申請書

ワンストップ納税申請書の記入例

ワンストップ納税申請書の送付先

ワンストップ納税申請書の送付先

実際の手続きについては、納税先の自治体によって違いがありますので、不明な点があれば問い合わせてみましょう。

ふるさと納税をするメリット

ふるさと納税の醍醐味といえば、やっぱり「返礼品」ですよね! 納税してもらったお礼として、各自治体が特産品などの返礼品を用意しているのです。

ふるさと納税そのもののメリットも大きいのですが、さらに納税先の産品がもらえるのは魅力的です。

各自治体の「ふるさと納税コーナー」を通じて手続きをおこなったり、自治体のサイト上で寄附手続きや返礼品を選んだりすることができます。

しかし、自治体の「ふるさと納税コーナー」を一つずつチェックするのは面倒ですよね……。

そこで、ふるさと納税をまとめたサイトを利用するのが一般的です。有名どころといえば「さとふる」が返礼品の種類も豊富でおすすめです。

返礼品の内容はさまざまであり、じっくりとギフトを選ぶような感覚で節税することができます。お中元やお歳暮用として、返礼品を利用するのもよいでしょう。

地方では人口減少に歯止めがかかりません。働き手が少なければ納税額も落ち込みますので、ふるさと納税という制度はしばらく続くのではないかと思います。

収入が多い人ほど納税額の上限も高いため、少し不平等に感じるかもしれませんが、節税効果は確実にあるので、ぜひ取り組んでみてください。

まとめ:自己破産後は節税でお金を残す

いかがでしたか?

自己破産して生活にゆとりができたら、ぜひ「ふるさと納税」に取り組んでみてください。

少しめんどうに感じるかもしれませんが、魅力的な「返礼品」もあるので、楽しく節税することができます。

収入を増やすのは簡単ではありませんが、ふるさと納税はとても手軽な節税対策ですので、ぜひチャレンジして見てください。

債務整理は終わりではなく始まり

債務整理は自分一人ですることもできますが、借入先との交渉や裁判所への出頭、膨大な書類の準備など、仕事をしながら手続きに奔走する時間などありません。

債務整理はプロに頼むのが一番です。自分だけで手続きしようと思っても、法律知識がモロについてきますし、そもそも仕事をしていれば時間もありません。

ブラックリストの期間にも影響しますので、できるだけ早く手続きを終えた方がよいでしょう。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓