複数の借入先のうち一社だけ債務整理することはできるのか?

借入先が複数あるうちで、一部の借入だけを債務整理したい場合があります。まとめて債務整理できたら簡単ですが、そういうわけにもいかない場合もあるからです。

たとえば、保証人付きの借入がある場合、債務整理をすると保証人に迷惑をかけることになるため、簡単に手続きすることなどできません。

とはいえ、一部の借入金額が大きいために、月々の返済が厳しくなる場合がほとんどです。

毎月の負担を減らして生活をラクにしたいなら、借入金額が大きいものだけ債務整理して、返済の負担を軽くする必要があります。

借入金額が大きいものを債務整理すると、全体の返済額が下がるので、負担は大きく改善します。たとえば、5万円の返済が3万円に圧縮されるようなイメージです。

5万円の負担が3万円になれば、実質的に2万円のプラスになりますので、生活にゆとりが生まれます。

わたし
金額の大きい借入先だからといって、簡単に債務整理すべきではないのですね……。

借入金額が大きく、保証人が付かない借入がもっとも減額効果が高いのですが、契約内容をきちんと調べなければ大変なことになります。

わたしも合計7社からの借入がありましたが、請求書や通帳を弁護士さんに提出して、借入内容をすべてチェックしてもらいました。

自分で調べるのは大変ですが、弁護士さんに依頼したあとは自分で動く必要はありません。ひと通りの手続きが終わると弁護士さんから連絡がありますが、そのあいだは普段どおりの生活で過ごせるので、とても安心して待つことができました。

今回は、借入先が複数ある場合に一部の借入だけ債務整理する方法についてご紹介します。

借入の一部を債務整理できる任意整理とは

任意整理とは、弁護士や司法書士を通じて借入先と交渉し、利息のカットや支払期間を延長をお願いすることをいいます。借入期間が長期にわたっている方は、「過払金」を取り戻せることがあるため、さらに減額できる可能性があります。

この任意整理の特徴として、裁判所を介さずに直接交渉できる点があげられます。

たとえば、A社・B社・C社から借入があった場合、A社は債務整理の対象から外すことができるのです。

一方、個人再生や自己破産はすべての借入が手続きの対象となります。

また、任意整理も債務整理手続きの一つであるためブラックリストに登録されてしまいますが、個人再生や自己破産より短期間で抹消されるのです。

詳細は明らかにされていませんが、個人再生や自己破産が7~10年であるのに対し、任意整理は3~5年でブラックリスト登録が解除されるといわれています。

借入の一部を債務整理するデメリット

借入の一部を債務整理するうえで、デメリットについて理解しておく必要があります。

まずはデメリットについてご紹介します。

借入の一部だけ債務整理するということは、借入総額からすると極めて減額効果が小さいと言わざるをえません。債務整理の対象外である借入については、従来どおりの条件のまま返済しなければいけないからです。

具体的な数字は借入金額によって違いますが、月々の返済額が5万円から4万5千円に下がったようなイメージでしょうか。(あくまでイメージです)

全体的な減額効果はあるものの、その効果が大きくないということが、借入の一部だけ債務整理するデメリットであるといえそうです。

借入の一部を債務整理するメリット

借入の一部だけを債務整理するメリットは、大きく分けて2つあると思います。具体的には以下でご紹介します。

保証人付きの借入を対象から外せる

保証人付きの借入がある場合は、債務整理の対象から外すことにメリットがあります。仮に保証人付きの借入を債務整理すると、保証人があなたの代わりに返済しないといけなくなるからです。

保証人をお願いする人といえば、一般的には「親」や「親戚」ではないでしょうか? せっかく信頼して保証人になってもらったのに、裏切ることになるのはさけたいですよね……。

この場合、保証人付きの借入を債務整理の対象から外すことで迷惑をかけずに済みます。保証人付きの借入については、従来どおりの返済を継続するわけです。

このように、借入ののなかに保証人付きのものがある場合は、一部を債務整理するメリットがあるのです。

職場や知人からの借入を対象から外せる

勤務先によっては、社内的に融資制度をもっている会社があります。とくに住宅ローンを組むにあたっては、優遇金利で会社を経由してお金を借りられるのです。

しかし、債務整理するさいにはネックとなります。社内融資の借入を対象とすれば、債務整理したことが会社にバレてしまう可能性が高いからです。

このような場合でも、社内融資を債務整理の対象から外せばバレずに済みます。従来どおりの返済は継続しますが、社内で噂になる心配もないため仕事も続けられます。

このように、社内で融資を受けている場合には、一部を債務整理するメリットがあるといえます。

任意整理手続きのながれ

任意整理の手続きは、「借入先はどこか?」「借金はいくらあるのか?」「収入はいくらか?」という点につき、明らかにする必要があります。

とくに借入期間が長期にわたっていると、「どこから、いくら借りているのか」が分からないという場合がほとんどです。

そこで、すでにお伝えしたように請求書や通帳を弁護士や司法書士に提出して調査してもらいます。具体的には、弁護士・司法書士が借入先に連絡し、借入状況を明らかにするよう求めるわけです。

すべての借入先から回答があれば、借金の総額が見えてきます。なかには、旧式の金利をそのまま請求している業者もあるでしょう。そのような借入は法定利率で計算し直して、正式にいくらの借入なのかを特定します。

つづいて収入について調べます。給与明細を見れば、だいたいいくらぐらいの収入があるのかわかるでしょう。

任意整理後は、通常3~5年で完済を目指します。当然、借金の返済以外でもお金はかかりますので、無理のない返済計画を立てなければいけません。

生活を切り詰めて、少しでも早く返済したいかもしれませんが、必ず想定外の出費がありますので注意してください。

借入によっては保証人付きのものもありますので、弁護士・司法書士に調べてもらいましょう。

収入から生活費・その他の支払いを想定し、「いくらなら返済できるか?」を検討していきます。このときも、弁護士・司法書士の先生と相談しながら慎重に進めましょう。

借入先との交渉はプロにおまかせ

じつは債務整理は自分ひとりで手続きすることもできます。その方がお金がかからないのも事実です。

しかし、債務整理の手続きは非常に専門的かつ複雑です。手続きを間違えれば、むしろ「損をする」ことだってあるのです。

「餅は餅屋」といわれますが……

やはり、専門家に依頼した方がメリットが大きく、リスクを回避することができるのです。

お金はかかりますが、分割払いや公的な制度も利用できますので、是非、早いうちに検討されるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

債務整理のなかでも「任意整理」はハードルが低く、多くの人が利用している手続きです。

一方、任意整理という手続きの存在を知らないために、苦しい生活を余儀なくされている方が多いことも否めません。

いまある借金を返済するのは、ほかの誰でもなくあなた一人です。仮にあなたが倒れても、誰も代わりに返済してくれる人はいません。

「何としてでも返済するんだ!」という姿勢は素晴らしいのですが、それと引き換えに失うものもあるのではないでしょうか?

借金を返済することで、あなたに残る幸せは何ですか? 「借金取りから開放されたという安心感」だけなのではありませんか?

債務整理なら最速・最短で、多くの悩みや心配事は解決できますので是非検討して見てください。

債務整理はプロに頼むのが一番です。自分だけで手続きしようと思っても、法律知識がモロについてきますし、そもそも仕事をしていれば時間もありません。

債務整理は自分一人ですることもできますが、借入先との交渉や裁判所への出頭、膨大な書類の準備など、仕事をしながら手続きに奔走する時間などありません。

ブラックリストの期間にも影響しますので、できるだけ早く手続きを終えた方がよいでしょう。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓