債務整理をすると保険に加入できなくなる?実際に手続きできたので紹介します!

「債務整理をすると保険に加入できなくなる?」「いま入っている保険を解約しなければならない?」と疑問に思っている人は多いでしょう。

契約期間によっては、解約返戻金(解約すると戻ってくる掛金のこと)があるため、債務整理を検討する際には気になるところです。

そこでこの記事では、債務整理した場合に生命保険を解約する必要があるのか? また、債務整理した後に生命保険に加入できるのか? という点について解説します。

任意整理は保険の解約は不要

債務整理のなかでも、任意整理は生命保険を解約する必要はありません。任意整理は裁判所が介入しないため、生命保険を解約して債権者に配分することは求められていないからです。

裁判所が関わる場合、法律に基づいて強制的な手続きがおこなわれます。具体的には、生命保険を解除することで解約返戻金があれば、借入先への返還に充てられるのです。

しかし、任意整理は借入先と直接交渉する手続きであるため、解約返戻金が差し押さえられることはありません。(ただし、交渉がまとまらず裁判に発展した場合は、強制執行により差し押さえられることもあります)

生命保険は家族を守るうえでも大切な備えです。任意整理しても、解約する必要がないのは安心ですよね。

自己破産の場合は解約が必要な場合がある

一方、債務整理のなかでも自己破産は生命保険の解約が必要となる場合があります。自己破産は20万円以上の財産は、差し押さえの対象となるからです。

具体的には、保険を解約することで得られる「解約返戻金」を保険会社から払い戻す権利を、債権者が代わりに執行するのです。債務者の代わりに払い戻された解約金は、債権者への配分に充てられます。

しかし、解約せずに保険を持続させる方法もあるのです。保険契約を継続させる方法については、以下をご覧ください。

介入権制度

介入権制度とは、一定額を支払うことにより、保険を継続できるというものです。具体的には、解約返戻金に相当する金額を債権者に支払えば、保険契約の解除を免れることができます。

債務者の代わりに相当額を納付できるのは、一定の範囲にある保険金受取人です。具体的には、家族や親族が代わりに支払うこととなります。

保険を継続することは、受取人である家族や親族の生活を保証するうえでも、強く主張すべき権利であるといえます。その権利を守る意味で、介入権制度が存在しているのです。

契約者貸付制度

契約者貸付制度とは、まとまったお金が必要になった際に、解約返戻金の範囲内で保険会社からお金を借りることができる制度です。保険を解約することなく利用できるため、生命保険の保証を維持しながらお金を借りられるメリットは大きいでしょう。

契約者貸付制度は保険会社で申し込みをおこないます。お金の使い途は自由ですが、弁護士・司法書士費用の支払いに利用することもできます。また、返済条件の自由度が高く、余裕があるときにまとめて返済することもできるのです。

契約者貸付制度は、生命保険の解約返戻金の範囲内で保険会社から借金するという制度です。保険契約を継続しながらお金を借りられるメリットはありますが、キャッシング等と同様に、借りすぎには注意が必要です。

債務整理後でも生命保険に加入できる

一部の大手生命保険会社は信用情報機関に加入しています。つまり、信用情報機関からの情報を入手することができるのです。

金融会社ではない保険会社が、信用情報を取得する目的がわかりにくいと思いますが、保険契約の内容によっては、お金を借りることもできるのです。

「契約者貸付制度」について詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。

参考:公益財団法人生命保険文化センター

信用情報を入手できるため、調べようと思えばブラックリストに載っていることもバレてしまいます。

しかし、仮にブラックリストに載っていても、新規で保険に加入することに問題はありません。保険会社としては、保険料を納めてもらえれば問題ないからです。そのため、債務整理の手続き中であっても新規保険加入することができます。

一般的なキャッシングなどとは違い、保険料の滞納があれば保険サービスを受けられなくなるだけです。過去に債務整理をしたという事実よりも、保険料を毎月納めている事実のほうが、はるかに重要視されているのでしょう。

債務整理後に新規で保険加入しました

筆者は実際に新しい保険に加入しました。これまで入ってきた保険を見直して、内容の充実と保険料を下げようと考えたからです。

ただ、ここでちょっと心配になりました。最近の保険契約では、保険料をクレジットカードで支払うのが主流になりつつあったからです。

わたしは、債務整理後に「家族カード」と「デビットカード」を発行しています。家族カードは名義人こそ自分の名前になっていますが、実際は妻の「信用」で成り立っています。

デビットカードは口座にお金がないと使えませんので、やはり「家族カード」で審査を受けることにしました。

そして、保険屋さんがカードをリーダーに通すと、見事に審査通過できたのです! 本当に安心しました。もちろん、デビットカードでも口座にお金があれば使えますので問題ありません。

今回、債務整理後でも無事に保険加入することができました。最初は不安でしたが、結論としては家族カードでも審査が通ることがわかりましたので気になる方は参考になるかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

債務整理をしたからといって、ただちに生命保険を解約する必要はありません。(債務整理のなかでも、自己破産は解約返戻金を弁済に充てなければいけない場合があります)

なかでも、任意整理をした場合は生命保険を解約する必要がありません。解約することで支払われる解約返戻金を、弁済に充てる必要はないのです。

任意整理は借入先との交渉が重要であるため、債務整理に特化した、弁護士・司法書士を選ばなければいけません。

私は自己破産しています。手続きの際には、保険証券の提出と、解約返戻金がいくらあるのかを弁護士さんから聞かれました。幸い、解約返戻金が20万円以下であったため、生命保険を解除せずに済んだのです。

任意整理では保険を継続できますが、自己破産の場合は解約しなければいけない場合もあります。ただし、上記のような制度もあるため、債務整理に強い事務所で相談されることをおすすめします。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓