借金の悩みを相談したい!いざという時に知っておきたい窓口まとめ

借金のことで悩んでいても、どこに相談したらよいのか迷いますよね。

お金の悩みは誰にでも相談できるわけではありませんから、つい一人で考え込んでしまいがちです。

恋や仕事の悩みなら打ち明けられる友人であっても、借金のこととなると話しにくいというのが本音ではないでしょうか。

しかし、お金の悩みは放っておくと深刻な状況に発展することもあるため、早めに対策しなければいけません。

そうは思っていても、なかなか行動できない人が多いんですよね……。

私も借金の返済に追われていた頃は、誰かに相談しようなんて考えもしませんでした。

「今は一時的に苦しいだけ」「すぐに状況が良くなるはずだ」と、根拠なく楽観視していたように思います。

いやー、この悩み、たぶん借金を抱える人の多くが共感できるのではないでしょうか?

わたし
借金で生活は苦しいけど、あと少しの辛抱だから頑張って返済しよう。

どんなにたくさん借金を抱えていても、ほとんどの人は「自分」で何とかしようと思っています。そして、気がついたときには取り返しのつかない状況に陥ってしまうのです。

借金の返済途中である場合は、「何とかしなければ」という気持ちで一杯ですから、当然、債務整理しようなどという選択肢はありません。

しかし、いちど膨れ上がった利息の影響はとても大きいため、「返しても返しても返済できない」という、負のサイクルにハマってしまうのです。

結局、私はギリギリの状態になるまで自分を冷静に見つめることができず、泣く泣く債務整理することになりました。

もっと早い段階で相談していれば、違った選択肢もあったでしょう。

今回は、お金のことで悩んでいるときに、最初に訪れるべき窓口についてご紹介させていただきます。

借金問題は一人で悩んでいても解決しない

そもそも、借金問題は一人で解決することはできません。日々、利息は積みあがっていますので、劇的に収入が多くならなければ返済は困難だからです。

とくに「リボ払い」で借り入れしている場合は、毎月の返済は利息の支払いにしかなっておらず、元本はそのまま残っている場合がほとんどです。

これでは、いつまでたっても完済することはできません。気がつけば「10年以上支払っている」というこも、決して珍しくはないのです。

「借金をしている」というだけで、何だか後ろめたい気持ちになりますよね。だから、つい一人で抱え込んでしまいます。

しかし、考え過ぎると病気になってしまうこともありますので、一刻も早く悩みを相談したいところです。

借金の悩みは、誰でも気軽に相談できる窓口が用意されています。「まだ、何とか大丈夫」と考えるのではなく、少しでも不安に感じたら相談されるとよいでしょう。

弁護士・司法書士に相談する

借金についての相談先として適切なのは、弁護士または司法書士の先生です。それぞれ特徴がありますので、以下で解説します。

弁護士事務所に相談する

法律問題といえば弁護士が真っ先に思いつくと思いますが、借金についても気軽に相談してみると良いでしょう。

借入の状況によっては、借入先だけでなく裁判所での折衝も必要になります。そんな場合でも、弁護士ならあなたの代わりに手続きしてもらえるので心強いです。

私は弁護士さんにお願いしましたが、一度も仕事を休むことなく、また、裁判所に出向くことなく解決してもらいました。

もちろん、借入状況によっては裁判所に行かなければなりませんが、弁護士に相談すれば解決までのストレスがかなり小さいと思います。

「いきなり相談するのはハードルが高い」と感じるなら、各地の弁護士会を訪ねてみても良いでしょう。おすすめの弁護士さんを紹介してもらえます。

料金はかかりますが、解決までの時間とストレスをかけたくないなら、間違いなく弁護士さんに相談することをおすすめします。

司法書士事務所に相談する

司法書士といえば「不動産登記」のイメージが強いですが、法務大臣の許可を得た司法書士ならあなたの代理人になることができます。

借入先と交渉して、過払金の請求や減額についての交渉を行なってもらえるのです。

とくに、任意整理については司法書士の先生の方が弁護士さんより積極的に取り組まれています。

また、費用は弁護士に比べて安価な場合が多いので、相談しやすいともいえます。

ただし、裁判所での手続きについては司法書士の業務に制限があります。

弁護士のように代わりに手続きしてもらえるわけではないため、会社を休んで裁判所に出向かなければいけない場合もあります。

私個人の印象としては、任意整理については司法書士に依頼した方が費用も抑えられるのでおすすめと考えます。

行政の法律相談を利用する

市役所や社会福祉協議会などでは、毎月数回程度の法律相談を行なっています。弁護士や司法書士事務所はハードルが高いと感じるなら、相談してみると良いでしょう。

私の住んでいる地域では、弁護士さんが交代で相談に応じています。地域によっては、有料相談のみ行われていて、料金は30分で5,000円(税別)です。

ただし、法律相談はあくまで「相談」だけであって、根本的な解決にはなりません。

どのような解決策があるかのアドバイスを受けて、弁護士・司法書士の先生を紹介してもらう流れとなります。

あなたがお住まいの地域でも、必ず実施していますので、ウェブサイトや広報誌などで調べてみてください。

法テラスで相談する

法テラスは、国が設置した法律相談の窓口です。法律をもっと身近に感じてもらい、利用しやすくしたのが法テラスといえます。

窓口では専門のスタッフが対応され、さまざまな借金の悩みを相談することができます。

また、地域によっては専門家を招いて「無理法律相談」をおこなっていますので、予約して相談してみるのも良いです。

ただし、法テラスで全てが解決するわけではありません。

法テラスでは「法律扶助」、つまり、弁護士・司法書士費用の立替制度があります。

法律扶助制度は、法テラスに登録している弁護士・司法書士事務所でのみ利用することができますので、実質、対象となる事務所の紹介窓口が法テラスというわけです。

法テラスは誰でも利用できるわけではなく、収入要件を満たす必要があります。

実際に利用してみましたが、費用はかなり安く抑えられますので相談してみる価値はあります。

まとめ

借金の問題はなかなか相談しづらいですが、身近なところに相談窓口は意外とあります。

頑張って返済するのは良いですが、無理して心や身体を壊しては元も子もありませんので、まずは相談してみると良いでしょう。

債務整理まではいかなくても、困っているときに相談できるだけで心が軽くなります。

一人で深刻に考えてしまいそうになったら、いちど上記の相談窓口を訪ねてみてください。

あなたにおすすめの事務所はこちら

CTA


自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理を成功させるには、実績豊富な事務所を相談先として選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓