債務整理してブラックリストに載るとどんな影響があるのか?

ブラックリストに載るとどうなる?
わたし
債務整理するとブラックリストに載るって聞くけど、実際どういうことだろう?

生活しにくくなるのは嫌だなぁ。

 

先生
ブラックリストに載るから債務整理をためらう方は多いですよね。

でも、意外とデメリットは少ないんですよ。

「ブラックリストに載る」という理由で、債務整理を避ける方は多いと思います。しかし、債務整理した方が生活がラクになる場合も多いのです。

そこでこの記事では、ブラックリストに載ることで生活にどんな影響があるのか? という疑問にお答えしたいと思います。

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、「信用情報機関」が管理する金融上の事故情報のことをいいます。信用情報とは、「あの人にお金を貸して、戻ってくるのか?」という信頼度をはかるための情報です。

たとえば、過去に債務整理していたり、滞納していた期間が数ヶ月でもあれば、事故情報として保管されている可能性が高いです。

銀行やクレジット会社は、信用情報機関が管理する事故情報をもとに、お金を貸しても大丈夫なのか? といった内容を調査します。

ブラックリストに情報が残っていると、新たな借入やクレジットカードの発行ができません。

ただ、ブラックリストに事故情報が保存される期間は永久ではありません。下記で紹介する期間を参考に、信用情報機関に問い合わせて見てください。

ブラックリストに載るデメリットは少ない!カード利用も可能!

ブラックリストに載るデメリットは、それほど多くありません。※カードが使えなくなる期間もありますが、借金返済に追われることを考えれば遥かにマシです。

実際のところ、債務整理でブラックリストに載ることになっても、深刻な状態になるようなことはありません。

たとえば、金融会社から嫌がらせのような電話がかかってくることはありませんし、会社にバレてクビになるようのこともありません。もちろん、戸籍に記載されたり、パスポートがつくれなかったりするなどの制限もないのです。

※カードの利用について
ブラックリストに載ることで、一定期間はクレジットカードを利用することができなくなります。

しかし、ブラックリストに載っても使えるカードがあります。クレジットカード同様に使えますので、一枚持っておくと便利です。(この記事の後半でご紹介します)

カードの使用や新規発行が制限される

ブラックリストに載ると、クレジットカードが使えなくなります。また、新たにクレジットカードを発行しようと思っても、審査に通らなくなるのです。

これは、信用情報機関に「事故情報」が登録されるからです。信用情報機関とは、借入に関しての情報を保存・活用している団体や企業のことをいいます。銀行や金融会社などで情報が共有され、貸倒れリスク(貸したお金が戻らないなどの金融事故)を防いでいるのです。

信用情報機関について詳しくは、以下の記事が参考になります。

わたしが自己破産の申請をおこなったとき、クレジットカード会社から続々と使用を休止する旨の通知がありました。

クレジットカードの使用ができなくなることは確かに不便です。

しかし、家族カードを発行すれば問題ありません。カード利用代金は、本カードの契約者に請求されるからです。

また、この記事でご紹介するカードを使えば不便さを感じることはないでしょう。つまり、クレジットカードの利用が制限されることのデメリットはほとんどないのです。

住宅ローンやカーローンが組めない

ブラックリストに登録されると、住宅ローンやカーローンといった、高額な借入ができなくなります。

借入が制限されるのは、クレジットカードの使用や発行が制限されるのと同じ理由です。

しかし、借入が制限されるといっても、永久に制限されるわけではありません。車が壊れたり、すぐに家を建てる必要がなければ、事故情報の保存期間が経過するまで待てばよいだけです。

配偶者や同居家族の収入次第ですが、借入名義を家族にすれば問題なく借りることができます。本人がブラックリストに登録されても、家族まで制限されるわけではないからです。

ブラックリストに登録されているあいだは、ローンの頭金を貯蓄する期間に充てればよいでしょう。頭金を用意すれば、その分だけ借入金額を抑えることにもなります。

また、住宅ローンの借入の際に頭金が用意できれば、場合によってはブラックリストによる制限を解除して、購入資金を貸し出してもらえる事例もあるのです。

任意整理後いつから5年?ブラックリストの開始時期とは

任意整理によるブラックリスト登録期間が、いつから5年であるのか? については、明確な期間が決まっているわけではありません。任意整理後の返済状況によっては、期間が延びることもあるからです。

登録されているかどうかを確認するためには、信用情報機関に問い合わせて、確認する必要があるのです。

現在、信用情報機関は以下の3社であり、それぞれの情報機関で個人信用情報を管理しているのです。

  1. CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  2. JICC(指定信用情報機関㈱日本信用情報機構)
  3. JBA(一般社団法人全国銀行協会)

それぞれの信用情報機関では、任意整理による保存期間を以下のように定めています。

情報機関CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)JICC(指定信用情報機関㈱日本信用情報機構)JBA(一般社団法人全国銀行協会)
情報保存期間(公式サイトより)契約期間中および契約終了後5年以内当該事実の発生日から5年を超えない期間破産・民事再生手続き開始決定の日(官報情報の官報公告区分発生日)から10年を超えない期間
ブラックリスト登録開始時期完済時(たとえば、3年かけて完済したときから)借入先と任意整理の合意をしたとき
任意整理のブラックリスト保存機関完済後の5年間と合わせて8年合意から5年個人再生・自己破産については10年
ここがポイント
  1. 任意整理の手続き終わり(半年~1年)
  2. 3年かけて完済を目指す
  3. 3年後に完済
  4. 完済後5年経過でブラックリスト解除

任意任意から5年経過してもブラックリストから消えない場合

信用情報の保存期間が経過すれば、必ずしもブラックリストから削除される、というわけではありません。

たとえば、同系列の金融会社同士では、社内ブラックといって、保存期間が経過しても借入ができない場合もあるからです。

また、任意整理後の返済途中で滞納してしまった場合、ブラックリストに登録される期間が延長することもあるのです。実際、上記のCICでは、信用情報の保存期間を「返済中または完済後5年」としています。

たとえば以下のようなケースでは、完済後5年経過することで、やっとブラックリストから削除されることになるのです。

  1. 任意整理後3年で完済をめざす(現在、2年間返済してきた)
  2. 会社の業績が悪化して、給料が激減(月々の返済が苦しくなった)
  3. 3か月ほど滞納したが、返済を再開した
bk01

ブラックリストの開始日

 

bk02

滞納により開始日が遅くなる

上記のような場合、滞納してしまったために、すでに返済した2年間が無駄になってしまうのです。

借入先と合意したとおり返済していれば、返済開始から5年間経過した時点で、ブラックリストの登録が削除されていたでしょう。

しかし、返済途中に滞納してしまったことにより、「返済開始から5年で削除」という条件から外れてしまったのです。滞納したことにより、「完済後5年経過しなければ削除されない」ということになってしまったのです。

任意整理をする際には、確実に返済できるかどうか検討しなければいけません。当初は想定していなかった事情で、返済できなくなることも少なくないからです。

収入増でブラックリストから消える?

任意整理後に転職して、収入増となるケースも少なくありません。収入が増えれば、ブラックリストに登録される期間も短縮される可能性があるからす。

また、社会的地位の高い職業に転職した場合も同じことがいえます。

任意整理した背景には、さまざまな原因があります。たとえば、起業に失敗して借金を背負ってしまったり、投資で損失を出したりするような場合もあるでしょう。

このような方たちはビジネスセンスも高いため、好条件の仕事に就けるチャンスが多いのです。転職先が公務員や上場企業などであれば、一定の信頼を獲得したといえるのではないでしようか?

お金の貸し借りは「信用」で成り立っています。任意整理後の転職先によっては、ブラックリストの期間が短くなることもあるのです。

任意整理は完済後5年・自己破産は決定後10年でブラックリストから消える

任意整理による返済が苦しい場合には、自己破産による解決を検討してみてはいかがでしょうか?  実は、自己破産は誰もがイメージするほど深刻な手続きではありません。

自己破産のブラックリスト登録期間は10年です。期間は長いようですが、返済が免除されるというメリットを考えれば短いともいえます。なぜなら、生活を切り詰めて返済したとしても、返済期間が10年を超えることなだ普通だからです。

また、上記でお伝えしたように、任意整理中に滞納すれば、ブラックリスト登録期間はさらに延びる可能性もあります。

任意整理で無理な返済を計画するのであれば、最初から自己破産を検討してみる価値はあります。

社内ブラックとは?ブラックリストとの違い

社内ブラックとは、金融会社内だけの情報として借入に制限をかけることをいいます。

同じ系列の金融会社では、過去の滞納状況などからカードを発行する際の審査を厳しくしているのです。

たとえば、「三井住友カード」で過去に滞納があった場合には、提携先である「ANAカード」や「Amazonマスターカード」の発行は審査が厳しくなるのです。

ただ、このような制限があっても特に不都合はありません。なぜなら、他の金融会社でクレジットカードを発行すればよいだけだからです。

このように、社内ブラックとは、いわゆる「ブラックリストに登録される」という状況とは違うということです。

過払い金があればブラックリストに載らない

過払い金が戻ることで借金が完済となれば、ブラックリストに載ることはありません。本来であれば支払う必要のなかったお金が「過払い金」です。そのため、過払い金請求をしても借金が残る場合には、ブラックリッストに載ることとなります。

過払い金について詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

black-list-top

過払い金請求してもブラックリストに載らない理由

2018年6月11日

ただし、過払い金が取り戻せるかどうかは、実際に相談してみなければわかりません。引き直し計算(貸金業法が改正される前の利率と、現在の利率との差額分を計上すること)は複雑であり、個人で手続きすることは困難だからです。

当サイトでご紹介している三社は、すべて債務整理に強い事務所だけです。無料で相談できますので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ブラックリストに載っても作れる!使える!カード

ブラックリストに載っても使えるカードが「デビットカード」です。債務整理後に発行する場合でも、審査で落とされることはありません。

実際、わたしは自己破産後にカードを発行しました。

debit-card-sumple

デビットカードは、銀行口座に残高があれば利用できます。逆にいえば、残高が足りなければ利用することができません。

しかし、債務整理後に持つカードとしては丁度よいと感じています。銀行口座にお金がなければ使えませんので、必要なだけしか使わないようになるのです。つまり、クレジットカードと違って、「お金がないのに買い物をする」ということがなくなります。

もちろん、大手のネット通販(アマゾンや楽天市場)でも利用できますので不便さはありません。クレジットカードと同様に使うことができますので、支払いの際にストレスを感じることはないでしょう。

私が使ってみて少し残念に感じたところは、ポイントの還元率が低いというところでしょうか。それでも、還元率の高いデビットカードも登場していますので、デメリットは無いに等しいといえます。

まとめ

いかがでしたか?

ブラックリストに載ることによるデメリットはほとんどありません。家や車などの高額商品購入の際には考える必要がありますが、普段の生活で影響するようなことはないのです。

わたしは、自己破産してクレジットカードが使えなくなりました。そのため、欲しいものがあっても、お金がないときには買うことができません。

クレジットカードは、支払いを先送りしているだけです。いわば、「お金がないのに買い物をしている」という状態といえます。

せっかく債務整理で借金がなくなっても、また同じように借金を繰り返すことにもなりかねません。

ブラックリストに載ることをメリットとして捉え、借金体質を改善しましょう。

先生
今回の記事はいかがでしたか? 当サイトは、安心して債務整理をするための知識や経験を紹介しています。ぜひ、ほかの記事も読んでみてください。

「安心債務整理」のサイトマップはこちら

【参考】債務整理に強い事務所えらびでスピード解決

弁護士や司法書士は、債務整理の専門家です。面倒な手続きはもちろん、借入先との難しい交渉も全て代行してもらえるので安心です。

債務整理はお金をかけずに手続きすることもできますが、何から始めたらよいかも分からないまま、時間ばかりが経ってしまいます。

  • 仕事を辞めずに債務整理したい
  • 家族に内緒で手続きしたい
  • 取り立ての恐怖は嫌

など、プロにお願いすれば容易に解決できることばかりです。

債務整理は国がつくった生活弱者を救済する制度であり、安心して利用することができます。

当サイトでは、アストレックス司法書士事務所をおすすめしています。

実績も豊富で、相談者の立場に立った誠実な対応で、とても好感がもてたからです。事務所は大阪にありますが、任意整理なら全国対応してもらえますので気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。

アストレックス司法書士事務所正式に依頼するまでの相談は無料ですので、事前に聞きたいことをリストアップしておくとよいでしょう。

通常、司法書士は不動産登記を業務の中心としておこなっています。

しかし、アストレックス司法書士事務所は債務整理に力をいれており、ヤミ金対応についての実績もあります。誠実な対応で決して冷たくあしらわれることはありませんので、安心して相談することができるでしょう。

債務整理は裁判所や借入先との交渉が必要であり、とくに専門知識が求められます。

法律問題といえば弁護士しか相談できないと考えがちですが、じつは司法書士の方が債務整理の受任件数が豊富なのです。

借金問題は、一人で悩んでいても何も解決しません。そして、専門家への相談が早ければ早いほど、短期間で借金のない穏やかな生活を取り戻せるのです。

はじめての相談は緊張しますが、私の経験から言っても、早ければ早いほど良いと感じました。ぜひ、借金のない明るい未来を回り道せずに手に入れてください!

アストレックス司法書士事務所

CTA


CTA

自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理の相談は、実績豊富な事務所を選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓