病気で入院中の家族に借金があった場合の対策

20代前半は、お金がいくらあっても足りません。 私が20代の頃は、アルバイト代をあてにして、クレジットカードで服やカー用品を買いまくっていました。しかも、リボ払いや分割払いがほとんどなので、利息がどんどん膨らみます。こうなると、返済不能になるのは時間の問題です。 だからこそ、債務整理で根本的に解決しなければいけません。詳しい理由は後ほどお伝えしますが、これには、きちんとした理由があるんです。 そこでこの記事では、若い世代がなぜ債務整理した方が良いのか? 筆者の体験から得た教訓をベースにお話ししたいと思います。 債務整理後の生活はどう変わるの? 債務整理をすると、生活に余裕が生まれます。借金が少なくなったり、免責(借金がゼロになること)によって、返済というストレスが大幅に減るからです。 この、借金がないという安心感は非常に大きいです。 この項では、債務整理によって生活はどう変わるのか? 私自身が感じたことをベースにお伝えします。 新たな借入ができなくなる よく聞く話しですが、債務整理をすると新たにお金を借りることができません。クレジットカードは利用できなくなりますし、ローンを組むこともできません。 実際、私が債務整理したときは、クレジットカード会社からカードの利用停止についての手紙が一斉に送ってきました。 ただ、借入ができないということはポジティブに捉えるべきだと思います。 クレジットカードで買い物をすると、「お金を使っている」という感覚が麻痺してしまいます。目に見えてお金が減るわけではないため、ついつい高額な商品でも買ってしまうのです。 しかし、クレジットカードが使えなくなれば現金払いという選択しかありません。使えば、お金が目に見えて減りますから、無駄遣いしなくなるというわけです。 さらには、「お金を貯める」という意識も高まります。 私は、現金払いが中心の生活になると、「お金を使うのが勿体ない」という気持ちになりました。その結果、少しずつではありますが貯金を始めるまでに変化したのです。借金で苦労しましたから、お金が貯まるということが刺激になったのかもしれません。 新たな借入はできなくなるものの、結果的に良かったと思っています。 借金しない生活は難しくない 現金払い中心の生活になるからといって、困るようなことは特にありません。店頭での支払いはもちろん、ネット通販でも「支払方法の選択」は自由にできるからです。 わざわざクレジットカードを使って後払いにする必要はありません。クレジットカードは、利息を支払うことで支払いを先延ばししているだけだからです。 一方、現金払いにすることで「無駄な買い物」をしなくなります。クレジットカード払いとちがい、目に見えて現金が減ってしまうからです。 どうしてもカード払いが良ければ、「デビットカード」を発行することをおすすめします。銀行口座に残高があれば、クレジットカードと同様に使うことができるからです。 もちろん、口座に残高がなければ使用できないため、「ついつい使い過ぎてしまった」というような状態は避けることができます。 なにより、借金体質を改善していくという努力が必要です。そういう意味でも、現金払い中心の生活は効果があります。 精神的に安定し家族との関係が改善する 借金があると、知らず知らずのうちにイライラが募ります。四六時中、お金を返すことばかり考えてしまうので、無理もないのですが…… 私も、母親にはキツく当たってしまいました。 金銭的にギリギリだと、心も一杯一杯で一切の余裕がなくなってしまうんですね…… でも、債務整理でお金の悩みが解決すると、気持ちが一気に前向きになります。表情が明るくなり、自然と家族との会話も増えるのです。 家族との関係が壊れると、自分自身も苦しくなっていくだけです。まずは、自分を苦しみから開放してあげましょう。自分の心にゆとりができると、家族関係も良好になっていくのです。 20代におすすめの債務整理 ここでは、若い方におすすめの債務整理方法を2つご紹介します。一つは「任意整理」、もう一つは「自己破産」です。 とくに、「自己破産」という言葉には拒絶反応を示す方が多いと思います。 しかし、実際には意外なほど影響はありませんので、検討してみる価値はあるのではないかと思います。それでは、1つずつ解説していきましょう。 100万円前後の借金は任意整理がおすすめ 任意整理とは、裁判所を通さずに借入先と直接交渉する手続きです。通常は、将来利息(完済するまでにかかる利息)をカットして、確実に元本を返済することを目指します。 借入総額が100万円程度の、比較的借金の少ない方に効果のある手続きです。 任意整理のメリットとしては、家族に内緒で手続きできるという点です。理由としては裁判所を利用しないため、家族分の書類を提出する必要がありません。家族に内緒で手続きできれば、心配掛けずにすみますね! 上図は、100万円を借りたときにいくら利息がプラスされるのかがわかります。 しかし、将来に渡って利息を払い続けるということは、精神的にも大きな負担です。 借金の総額が100万円程度であれば、まずは任意整理で利息をカットして、それから確実に返済していくことをおすすめします。 自力で返済が難しいなら自己破産がおすすめ 自己破産といえばイメージが良くありませんが、実際は意外なほど影響が少ないのです。 20代で自宅の登記名義人である方は少ないと思いますので、競売で家を失う心配もありません。 自己破産して失うのは、「本人の財産だけ」です。 例えば、車や預貯金などで20万円以上の財産価値があれば没収される可能性はあります。 しかし、現状で生活が回らないほど借金の存在が大きいなら、迷わず自己破産がおすすめです。 弁護士費用は任意整理に比べると高額ですが、「法テラス」の立替制度を利用すれば、月々5,000円で自己破産できます。 利用するには条件がありますが、20代なら高確率で利用できるはずです。とりあえず、弁護士さんに相談してみると良いでしょう。 債務整理は良くないイメージがありますが、決して悪いことではありません。誰もが、悪気があって借金を背負ったわけではないので、卑屈になることはないのです。 債務整理は、国がつくった生活弱者を救済するための制度です。借金を減額(免責)して、生活を立て直すことを第一に考えてください。 「借りたものは返すのが当然だ」という声もありますが、さまざまな事情で返済困難になる方もあります。 「無理してでも返さないと…」と考えるのではなく、無理せず解決することも検討してください。身体を壊してからでは遅いですからね!
わたし
わが家は夫婦二人とも働いて、やっと生活できる状態。

住宅ローンで生活はギリギリ……

それなのに、妻が入院することになってしまった。(-_-;)

このままじゃ、借金返済どころか、生活することさえ難しいです(泣)

 

先生
奥様、心配ですね……。

病気のことで頭が一杯なのに、借金のことなんかで頭を悩ませたくないですよね。

お金のことなんか心配せずに、治療に専念したいものです。

 

住宅ローンを支払っているために、二人で働いて、やっと生活できている家庭は多いです。実際、私がそうなのですが……

さらに、家族がふえれば様々なことにお金が必要です。食費や教育費など、子どもの成長とともに出費額も増えていきます。

夫婦二人とも、元気に働けているうちはよいのですが……

どちらか一方が病気やケガ入院することになると、一気に生活は厳しくなります。場合によっては、新たに借金をしなければ生活できない状況にさえおちいるのです。

医療保険にでも入っていれば、こんなときは保険会社の方で色々とアドバイスをしてもらえます。

しかし、最近は「無保険」の方も多いため、いざというときに本人だけでなく、家族が金策に苦労するケースもあるのです。

「自分には関係ない」と思っていても、人間は必ず歳をとります。ずっと健康が自慢だった人でも、年齢とともに、病気になりやすくなるのです。

そこで今回は、本人や家族が入院した際に慌てることがないように、「もしも」の際の借金対策についてお話しします。

病気になっても借金返済すべき?

病気で入院していても、借金は返済しなければいけません。お金を借りた際に契約に同意している以上、約束を守ることは「義務」だからです。

支払日になって、通帳にお金が入っていれば問題ありません。

引き落としできない月は、別途、請求書が送られてきます。おの場合は、コンビニなどで手数料を払って支払わなければいけません。借入先によっては、自宅や携帯に電話がかかってくることもあります。

さらに、支払日に間に合わない月が3か月程度続くと、「ブラックリスト」登録されることもあります。

そして、その後は返済が遅れるたびに、職場に電話をかけてくるなど、督促がエスカレートしてくるのです。(実際、筆者は会社に電話がかかったことがあります……)

 

わたし
厳しいんですね……(・_・;)

入院することになったのは想定外なんだから、退院するまで返済を待ってくれる法律とかないのかな?

 

先生
残念ですが、特例はありません。

ケガや病気で入院しても、借金は返さないといけないのです。

 

そして、半年以上滞納している場合は、さらに状況は深刻です。

まず、自宅に「内容証明郵便」が届きます。これは、債権者(借入先)から債務者(借受人)への意思表示です。具体的には、調停(話し合いをすること)や訴訟の準備をしていることを通知する内容となります。

それでも返済されない場合、借入先はさらに強硬な手段に出ます。具体的には、「強制執行」の準備に入るのです。

強制執行がおこなわれると、借入金額に相当する財産の「差し押さえ」がおこなわれます。差し押さえられた財産(預金や車、不動産など)は強制的にお金に換えられ、借金の返済に充てられるのです。

このような状況におちいらないよう、早めに対策することが重要です。

借入先から内容証明郵便が届いたときは無視するのではなく、すみやかに弁護士・司法書士に相談しましょう。

旦那に借金があるのに病気で入院したら?

親父に借金が あったなんて…

親父に借金が あったなんて…

入院したことがきっかけで、旦那さんに借金があることが発覚することは多々あります。元気なときは旦那さんが返済をやりくりしているため、奥さんが気づくことはありません。

しかし、入院することになればお金のやりくりが難しくなります。当然、通帳の管理は奥さんや他の家族にお願いすることになるでしょう。

奥さんに通帳の管理をお願いすることになれば、借金があることを打ち明けるしかありません。だまっていても「引き落とし日」はきますので、口座にお金を入れておく必要があるからです。

しかし、借金があることを知らされた奥さんは大変です。いままで借金があることなど知らなかったわけですから、急に出費が増えたように感じます。

さらに、借金の返済に加えて、入院費用も捻出しなければいけません。場合によっては、新たに借入しなければいけないと考えてしまうでしょう。

入院が長期化すれば、会社を休まざるを得ません。勤務先によっては、休職扱いとなり、給料がカットされることもあります。

入院費用については、加入している保険会社の担当の方に相談するとよいでしょう。保険に加入していない場合でも、公的な制度制度(高額医療費貸付制度)を利用すれば、自己負担を一定金額までにおさえることができます。

しかし、旦那さんがつくった借金は今までどおり請求されてきます。旦那さんがつくった借金であっても、奥さんが支払わざるを得ません。(理不尽な話しですが……)

すみやかに返済しなければ、最終的に強制執行がおこなわれ、自宅を失うことにもつながります。

このような事態にならないためにも、内緒の借金があれば夫婦で共有しておきましょう。どちらか一方に借金があるために、生活できないほど追い込まれることもあるからです。

病気で入院中の父に借金があったら?

ある日突然、身に覚えのない借金を背負うことになったらどうしますか?

実際、このようなケースは存在します。親がつくった借金を、子どもが引き継ぐことがあるのです。(民法887条)

具体的には、親が借金を背負ったまま亡くなるというケースです。これは、現実として起こりうる問題です。

具体例

  1. 父母が離婚した
  2. 子ども二人は父親の戸籍に入る
  3. 父が借金を抱えたまま死亡
  4. 相続人である子ども二人が借金を引き継ぐ

上記の例では、父親が借金を残して死亡したケースです。

一般的に、借金があることを子どもに話している親は少ないです。やはり、「恥ずかしい」という気持ちがあるからでしょう。

しかし、亡くなって相続が開始したときになって、借金を返済しなければいけないという現実を知ることになるのです。

借金が100万円程度なら、子ども二人で完済することができるかもしれません。

しかし、借金の総額がそれ以上となれば、簡単に返済することはできません。借入額が大きければ、相続そのものを辞退することも考える必要があります。

亡くなった親の借金が返済できない場合

親が亡くなり、財産よりも借金の方がはるかに大きいことが分かった場合は、「相続放棄」という手続きがおすすめです。

相続放棄によって、子どもは最初から相続人ではなかったことと見なされるのです。(民法939条)

相続放棄をすれば、財産を引き継ぐことはできなくなりますが、借金返済義務を免れることができるのです。

しかし、ここで一つ注意しておかなければいけない問題があります。それは、子ども以外に相続人がいた場合、その相続人が借金を引き継ぐことになるからです。

たとえば、父親に兄弟がいるというケースで考えてみましょう。

子ども二人が相続放棄をすると、父親の兄弟が相続することになります。相続するということは、当然、借金も引き継ぐことになります。

父親の兄弟にしてみれば、急に知らない借金を背負わされたわけですから、関係が悪くなることは避けられません。

ただ、父親の兄弟も相続放棄することができますので、借金返済義務から免れることはできるのです。

余計なトラブルを防ぐためにも、子ども二人が相続放棄する前に、父親の兄弟に対して相続放棄する旨を伝えておくとよいでしょう。

亡くなった親に 借金があった場合の 対策とは?

【体験談より】親の相続後に借金が発覚したときの対処法

2019年10月14日

債務整理したときのデメリット

相続放棄は、亡くなってから3か月以内に手続きしなければいけません。手続きをおこなう場所は、亡くなった方の最後の住所地となります。

しかし、3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。気がつけば、相続放棄できないケースもあるのです。

プラスの財産が多ければよいのですが、借金が膨大であった場合には、まともに返済する必要はありません。

「債務整理」によって、借金を減額(免責)することもできるのです。

ただし、債務整理にはデメリットがあります。

たとえば、ローンが組めなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりするのです。一般的には、5~10年間は新たな借入ができなくなると考えてください。

それでも、莫大な借金を返済し続けることより何倍も幸せなはずです。通常は相続放棄で考えますが、手続きが間に合わずに借金を引き継いでしまった場合は、債務整理があるということも知っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、借金のある本人が入院した場合や、病気で入院中の親に相続が開始したときの対応についてお話ししました。

どんなに苦しい状況でも、救済策は用意されています。

新たに借り入れして多重債務にならないためにも、公的な手段で解決する方法を選んでください。

先生
今回の記事はいかがでしたか? 当サイトは、安心して債務整理をするための知識や経験を紹介しています。ぜひ、ほかの記事も読んでみてください。

「安心債務整理」のサイトマップはこちら

【参考】債務整理に強い事務所えらびでスピード解決

弁護士や司法書士は、債務整理の専門家です。面倒な手続きはもちろん、借入先との難しい交渉も全て代行してもらえるので安心です。

債務整理はお金をかけずに手続きすることもできますが、何から始めたらよいかも分からないまま、時間ばかりが経ってしまいます。

トータルで考えたら、圧倒的にプロにお願いするべき内容です。こちらの記事でおすすめの事務所を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

私がもっともおすすめできるのは、「杉山事務所」です。

【司法書士法人杉山事務所】



杉山事務所は、全国に7拠点をもつ司法書士法人です。

東京・大坂・名古屋・福岡・広島・仙台・岡山に事務所があり、それぞれの地域で認定を受けている信頼できる事務所です。

全国どこへでも無料で面談に来てもらえるため、わざわざ遠くまで相談に出掛ける必要はありません。お金がないときでもありますので、とても有り難いサービスだと感じました。

無料で相談できますので、事前に何を聞きたいのかをリストアップしておくとよいでしょう。

通常、司法書士は不動産登記を業務の中心としておこなっています。

しかし、杉山事務所は債務整理に力をいれており、月間3,000件もの相談を受けるほどの実績があります。また、事務所の規模・スタッフの人数も業界トップクラスですので、安心して相談することができるでしょう。

債務整理は裁判所や借入先との交渉が必要であり、とくに専門知識が求められます。

法律問題といえば弁護士しか相談できないと考えがちですが、じつは司法書士の方が債務整理の実績が豊富であるともいえます。

正式に依頼するまえであれば、費用が発生することはありません。

借金問題は、一人で悩んでいても何も解決しません。そして、専門家への相談が早ければ早いほど、短期間で借金のない穏やかな生活を取り戻せるのです。

はじめての相談は緊張しますが、私の経験から言っても、早ければ早いほど良いと感じました。ぜひ、借金のない明るい未来を手に入れてください!

【司法書士法人杉山事務所】


CTA


CTA

自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理の相談は、実績豊富な事務所を選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓