特定調停とは?手続きの流れや提出書類について解説

tetsuduki-nagare-top

債務整理をしたいけれど、費用が高いことを理由にあきらめる人は多いです。多重債務者(借入件数が3件以上の人)の人口は、減少傾向ではあるものの、毎年100万人を超えています。

一方、消費生活相談(全国の消費生活センターでおこなわれている相談のこと)に訪れる人の割合は、たった1%ほどに過ぎません。

借金に苦しみながらも、ギリギリの生活で返済を続けている人が多いのでしょうか。その結果、返済するために新たにお金を借りるという悪循環に陥ってしまう場合もあるのです。

そこでこの記事では、特定調停の特徴と手続きの流れについて解説します。

債務整理に強い!おすすめの司法書士・弁護士事務所はこちらです↓

特定調停とは

特定調停とは、簡易裁判所で「調停委員」に仲介してもらい、貸金業者との間で返済計画をまとめる手続きのことです。

たとえば、将来利息(完済までにかかる利息)が15万円の場合、「利息の15万円を減額し、3年かけて返済する」といった条件で合意を目指す手続きのことをいいます。

債権者・債務者それぞれが調停委員と個別に面談し、話し合いがまとまれば、調停証書を作成します。債務総額の2%程度(100万円の借入なら2~3万円程度)を毎月返済可能であれば、特定調停を検討してもよいでしょう。

調停では、今後の返済計画について話し合われます。

話し合いの効果としては、前述したように将来利息(元本にたいして、完済までにかかる利息)がカットされる場合がほとんどです。

◆補足◆調停委員には、ベテランの弁護士・司法書士が任命される場合が多いです。調停委員を交えて、双方が納得できる解決策を見いだせるよう、お手伝いをしてもらえます。

特定調停をおこなう場合、調停委員2人と弁護士1人で構成されるのが一般的です。


引用元:裁判所ウェブサイト

通常、任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、費用は少なくとも15万円程度必要です。

しかし、調停委員の報酬は裁判所から支給されるため、あなたが用意する必要はありません。

返済が苦しいときに報酬を支払うことは大変ですよね……。

特定調停は、弁護士(司法書士)への支出が抑えられるため、金銭的に余裕のない債務者にとって、心強い制度であるといえます。

申立書を用意して裁判所に提出する

特定調停をおこなうには、3種類の書類を提出しなければなりません。「特定調停申立書」「特定債務者の資料等」「関係権利者一覧表」の3種類です。( 裁判所ウェブサイトよりダウンロードできます)この書類は、あなた自身が記載しなければならないのです。

あなたの資産状況を明らかにし、どのような解決方法(返済額や期間など)を望んでいるのか? を示す必要があるからです。

具体的な目安としては、借入総額の2~3%を毎月返済できるように、話し合いをすすめていきます。話し合いがまとまれば、合意内容が調書に記載(確定判決と同等の効力がある)され、手続きは終了するのです。

「特定調停申立書」の記載内容

特定調停申立書は、以下の内容を記載します。借入先が複数ある場合には、一件につき一通の申立書を用意する必要があるのです。

  1. 申立人(あなた)の住所・氏名・生年月日・連絡先
  2. 相手方(借入先)の住所・会社名・代表者名・連絡先
  3. 申立の趣旨には、債務額を確定したうえで、支払い方法についての要望を記載します。
  4. 紛争の要点には、債務の種類、契約の状況等(契約日・借入額・借入残高・契約番号)

「特定債務者の資料等」の記載内容

「特定債務者」とは、あなた自身のことです。特定債務者の資料には、あなたの資産状況を記載します。

具体的には以下のとおりです。

  1. 申立人の資産等には、あなたの資産状況を記載します。具体的には、「預貯金」や「証券」などを記載します。
  2. 申立人の生活状況には、あなたの職業・勤務先・勤務先連絡先・月収(手取り)を記載します。また、家族の名称や続柄、月収を記載する必要がありますます。

「関係権利者一覧表」の記載内容

「関係権利者一覧表」とは、あなたが借入先からいくら借りているのかを申告するための書式です。借入先について漏れなく記載しましょう。

記載する内容は以下の通りです。

  1. 氏名・住所には、借入先の名称・住所を記載します。
  2. 債権の発生原因・内容には、借入年月日・借入額・借入残高を明記します。
  3. 担保権の発生原因・内容には、どのような理由で借入したのかを記入します。具体的には、「生活資金」「教育資金」といった記載になります。

特定調停を申し立てるには、上記の書類を裁判所に提出しなければいけません。また、借入先に対して、借入残高がいくらあるのか? などの情報を求める必要があります。

私の場合は、すべて弁護士に依頼しました。借入先に電話をして、書類の準備をお願いすることなど、とても考えられません。難しい交渉は弁護士に代理してもらったため、本当に助かりました。

まとめ

いかがでしたか?

特定調停をおこなう場合、あなた自身が借入先に問い合わせる必要があります。時間的にも精神的にも負担となりますが、出費を抑えるという意味ではおすすめといえるでしょう。

特定調停のメリットとデメリットについては、以下の記事を参考にしてください。

借金整理の効果はあるのか?特定調停のデメリットとメリットを解説

先生
今回の記事はいかがでしたか? 当サイトは、安心して債務整理をするための知識や経験を紹介しています。ぜひ、ほかの記事も読んでみてください。

「安心債務整理」のサイトマップはこちら

【参考】債務整理に強い事務所えらびでスピード解決

弁護士や司法書士は、債務整理の専門家です。面倒な手続きはもちろん、借入先との難しい交渉も全て代行してもらえるので安心です。

債務整理はお金をかけずに手続きすることもできますが、何から始めたらよいかも分からないまま、時間ばかりが経ってしまいます。

  • 仕事を辞めずに債務整理したい
  • 家族に内緒で手続きしたい
  • 取り立ての恐怖は嫌

など、プロにお願いすれば容易に解決できることばかりです。

債務整理は国がつくった生活弱者を救済する制度であり、安心して利用することができます。

当サイトでは、アストレックス司法書士事務所をおすすめしています。

実績も豊富で、相談者の立場に立った誠実な対応で、とても好感がもてたからです。事務所は大阪にありますが、任意整理なら全国対応してもらえますので気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。

アストレックス司法書士事務所正式に依頼するまでの相談は無料ですので、事前に聞きたいことをリストアップしておくとよいでしょう。

通常、司法書士は不動産登記を業務の中心としておこなっています。

しかし、アストレックス司法書士事務所は債務整理に力をいれており、ヤミ金対応についての実績もあります。誠実な対応で決して冷たくあしらわれることはありませんので、安心して相談することができるでしょう。

債務整理は裁判所や借入先との交渉が必要であり、とくに専門知識が求められます。

法律問題といえば弁護士しか相談できないと考えがちですが、じつは司法書士の方が債務整理の受任件数が豊富なのです。

借金問題は、一人で悩んでいても何も解決しません。そして、専門家への相談が早ければ早いほど、短期間で借金のない穏やかな生活を取り戻せるのです。

はじめての相談は緊張しますが、私の経験から言っても、早ければ早いほど良いと感じました。ぜひ、借金のない明るい未来を回り道せずに手に入れてください!

アストレックス司法書士事務所

CTA


CTA

自己破産経験者の筆者おすすめ
債務整理の相談窓口

債務整理の相談は、実績豊富な事務所を選ぶことが大切です。

あなたに最適な事務所を見つけてください↓